FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歴史的政権交代

 昨夜から朝方にかけて報道番組は選挙一辺倒でした。唯一違ったのはF1ベルギーグランプリでした。BSさえもダイエット商品番組と面白くないドラマ以外は選挙でした。しかし,開票早々民主圧勝でしたのでおもしろさはなくなりました。それにしても自民党の終焉とも言うべき惨憺たる結果でした。思い起こすに小泉純一郎が「自民党をぶっ壊す!」と叫んで総理になり郵政選挙を経て今日を迎えました。確かにぶっ壊しました。それも本人は文句も言えないよう引退しています。なんとも・・・
 さあ,どうなるんでしょうか?①社会保障はどっちへ行くの?②年金は正しい記録が取り戻せるの?③子ども支援・公立高校無料化・高速道路無料化・ガソリン税廃止,本当に実現できるの?④郵政はどっちへ行くの?⑤自衛隊の役割は変わるの?⑥公務員の給与は2割カットするの?⑦官僚の天下りは本当に阻止できるの? そしてなんといっても「本当にお金はあるの?」さまざまな疑問があります。少しずつ片付けることができるでしょうか?民主党といっても意見が様々です。解決までに空中分解しないでしょうか?また仮に費用が捻出できて制度が上手く運用できたとしたらなおさらこれまでがなんだったの?になりますよね。不安はつきまといますが,政権与党のご尽力をしたいします。
スポンサーサイト
Category: 未分類

あるプロレスラーの努力

 色いろスポーツはありますが,変わったところでプロレスファンです。どこがよいかというと,他のスポーツにない深さがわかるからです。つまり長年一選手を見ていくことができます。ひとりの選手がデビューして成長し,強くなりながら頂点を極めた後,若い選手の育成に回るといった人生でしょうか。また勝ち負けもですが,受け身のスポーツですから,相手の得意技を受けながら返して自分の得意技で仕留めていくという積み重ねがあります。また最初は勝てなかった同じ相手と何度もぶつかることで自分の力量を確認し,いつか追いつき追い越していくというおもしろさもあります。
 その代表は近頃死んだ三沢光晴選手でした。デビュー当時の試合を実際見たことがあります。線が細くて弱かったけど動きはよく将来性を感じました。その後二代目タイガーマスクとなり,そして三沢になり,NOAHを社長として立ち上げました。体も大きくなり得意技で相手を仕留めていく姿は頼もしいものでした。そんな人の元には多くの人が集まります。試合中に亡くなったのは本望かもしれません。
 さて,深夜テレビを見ていたらプロレスをやってました。あるM選手がリーグ戦を勝ち抜き決勝で宿敵の後輩にフォール勝ちし初優勝しました。日頃はブーイングを浴びる彼も当日はファンの後押しが強かったようです。あとのインタビューは印象的でした。
 「数年前試合中にアキレス腱を切って,もうやめようかと思った。あのときの病院の看護師さん,食事投げつけて悪かった。もともとH選手にあこがれて入ったプロレス,いつか追いつきたいと思って努力してきた。いいことない世の中,自分に夢の持てないやつは人にも夢を与えてやれない。努力していけばいつかいいことある」
不器用であまりかっこうよくない彼ですが,いいことがある時が来て良かったと感じた深夜でした。
Category: 未分類

実りの秋を前に

 いつしか景色は秋の気配がしてきました。この夏は日照時間が短く田んぼはみなさん心配されていたようですが,その後,少し太陽が出るようになり不思議なものです。やはり穂が出て稲らしくなってきました。自然とは偉大なものです。もしかして夏に雨が多く降り,晩夏に日照時間が多くなり,結果として‘豊作’となるのではないでしょうか?勝手なことを言います。まだまだ収穫してみないとわかりませんが・・・
 今日も秋の空は高く運動会シーズンへと入っていくようです。各学校はすでに始まっているようで,夏休みも土日休みからか様子が変わってきました。私たちの子どもの頃は今現在が8月末で嫌で残った宿題に無理矢理取り組む憂鬱な時期でしたね。
 さて,学校が始まって懸念されていたのがインフルエンザです。どうも全国的に流行しているようです。身近な地域でも「新型インフルエンザ」の発生報告を聞いています。そのうち施設内にも入って来そうな予感です。そうなると困るのが,マスクと予防接種ワクチンの不足です。先日医療器具業者と話すことがありましたが,マスク業者は忙しいようです。高価な介護用品よりマスクの売れ行きがすごいとか。何でも足りないのですが,花粉症対応のものまで売れているとか。またワクチンはすでに不足で毎年予防接種していますが,私たちまでまわってくるかどうか不明な状況です。「鳥インフルエンザ」も忘れかけていますがもっと怖い感染症です。脅威が増えて困る晩夏です。
Category: 未分類

不在者投票終了!

 こんにちは。衆議院総選挙が近づいてきました。老人ホームではとても指定投票所へ出向けませんので,不在者投票を行います。利用者個々に希望を聞いて投票意志のある方を名簿にして申請します。ところが今回は皆さんよく理解していますか?3種類ありますよ。投票用紙が・・・①小選挙区 ②比例代表 ③最高裁国民審査 です。それぞれの投票用紙には内封筒と外封筒があり,署名が必要です。さらには立会人の署名も必要です。そのうえ約30名の希望者が順次投票していきますが,やはり自分で記載できる人の方が少ないです。当然ながら居室で投票される人ありますから,たかだか30名でも90分くらいかかってしまします。
 何とか終了して‘やれやれ~’といった感想です。疲れました。それでも世間では30日の日に今後の日本を左右する選挙があります。こんな努力をしながらの不在者投票です。どうぞ「清き一票を!」
Category: 未分類

9.58秒の驚異

 結構気軽に見てしまいましたが,世界陸上見入ってしまいます。すごいですね。ウサイン・ボルトの走り!単純な競技の陸上ですが,わかりやすく感動的な出来事だらけです。100㍍,200㍍,棒高跳び,三段跳び,ハイジャンプ,ハードル・・・いくらでも場面が脳裏に浮かんできます。
 かつてカールルイスとベンジョンソンの走りを覚えていますが,当時から考えて今の9秒6を切るタイムは考えられません。当時だったらドーピングでしょうが,現代ではそんなこともないでしょう。それにしてもどうしてあんなにジャマイカは強いのでしょうか?短距離はジャマイカ,長距離はケニア。その秘訣は徐々に解き明かされるとは思いますが,すごい!夜中テレビ見ながら横になり100㍍決勝を待っていたら,つい耳に飛び込んできたのは100㍍がスタートし,そのあとは200㍍予選のタイムで目が覚めてしまいました。(笑ってしまう)
ついつい睡眠不足になるこのごろです。
Category: 未分類

命!!

 お盆の最中,面会者が多かったのですが,ソファーに座って新聞を読んでおられた面会者から突然「自殺するのは難しいものですね!」と一言目に声をかけられました。いきなりで仰天??
 「チョット,ちょっと!待ってください。書類置いてきますから・・・」慌てている私です。
出直して話をしました。
 最近突然亡くなる人多くありませんか?話をした時は元気そうでしたが次の日には,自殺していたり・・・驚きます。
 昔,自殺をまじめに考えた私の先輩と話したことがあります。「自殺が良くないことは冷静に理解できるが,自殺を考えているときはもう周囲のことなど目に入らない状況だよ」と言われました。
 それでも自ら命を絶つのはやめてほしい。関わった人,お世話した人の苦労が全部水の泡です。
 私たちは高齢者のお世話をしています。多くの方には自分たちの身内には,寿命はもちろん,事故や病気で死にたくなくとも命を失った人は多くいるはずです。その人たちはきっと生きたかったはずです。そんな人たちは自ら命を絶つ行為は許してくれないはずです。少しだけ冷静になってみてください。死んだ気になれば道は開けるんですけど。
Category: 未分類

老人ホームが実施する「日中一時支援」

 こんにちは。今日もお昼前に雨が降りました。正に梅雨と変わらない天候で,雨が上がってからは蒸し暑い夏の日です。おかしな天候が続きます。なんでも農作物や果物に花がつかないとの異常事態。秋の収穫が心配されますね。梅雨が終わると夏を飛んで秋が来てしまいそうです。
 さて,このところシルトピア油木の特徴についてお話ししていますが,今日は少し違う話をします。この施設では高齢者を対象としたサービスを展開していますが,併設で障害者福祉サービスも可能な部分で受け入れています。もともと障害分野は得意でありませんでしたが,措置時代から委託で一部デイサービスなどで障害者を受け入れている業務がありました。このサービスが介護保険及び障害者自立支援制度に移行する中で,利用できなくなる人が出てきそうになり,急遽申請して継続支援することが可能となりました。その結果「居宅介護」という名のヘルパー,「短期入所」という名のショートステイ,「生活介護」という名のデイサービスが実施となりました。そして,その延長線上で「共同生活介護」という名のケアホームの建設開所の運びとなりました。その途中で「日中一時支援」というサービスも始めています。もう2~3年でしょうか?このサービスは児童の1日ショートステイとでも説明したらわかりやすいかもしれません。いつもは一般の学校や養護学校に通っていても,日曜日や夏休みなど自宅で1人過ごすことが難しい子どもさんたちを預かる事業です。これまで障害のある小学生や中学生をお預かりしてきました。ほんの1日だけといっても結構難しい事業です。障害は幅広く1人ひとり異なっており,様々な症状があります。また子どもは高齢者と違ってスピードが速いという現実があります。この子どもたちの早さには慣れていない私たちはかなり戸惑いました。なにしろ高齢者は異動はゆっくりですが説明すればわかる人があります。児童はそうはいかない子が多いですね。目が離せない利用者もあり,結局1日担当が付きながらお世話しています。しかるとすねたり,怒ったり,また叩かれたりと日々奮闘ですが,子どもはかわいいものですね。
Category: 未分類

喫茶 潤いの森

 今日は喫茶店の話をします。正式名称は「地域交流スペース潤いの森」といいます。特別養護老人ホーム入口側の食堂に併設しています。朝11時から午後5時まで営業しています。主なメニューは毎日広報紙で紹介されているランチと軽食。具体的にはカレー,定食,うどん,コーヒー,ビール,各種ケーキ類があります。お値段もランチが¥650で,その他は前後の金額です。簡単に言うと普通の食堂となんら変わりありませんが,成り立ちは大いに異なります。
 その昔,シルトピア油木が開所してまもなくして面会者より「食事の場所がない」といった声が多くなり,利用者と地域に貢献することを目的に中央競馬福祉財団よりの助成により建設し,平成9年4月30日にオープンしました。なんといってもメインは施設の中の昼食がランチになることです。ですから正真正銘毎日調理しています。でもそうなるとランチに¥650で出るメニューですから,あまり高齢者向きメニューではお客さんが喜びません。たとえば豆腐料理であったり,巻きずしではどうも期待に応えた感じがしないようです。ちなみに本日はお盆メニューで,「おはぎ」「鮎の塩焼き」「豚肉と野菜の煮物」「冬瓜とあおさのすまし汁」「すいか」です。でもすでに予約が団体で入っていました。
 長年ほぼ休みなく営業していますが,ここ数年は赤字続きが正直なところです。景気の後退,町村合併,人口減といった理由が挙げられますが,これも地域貢献です。やめるわけにいきません。ソフトクリーム,ピザ,ケーキ等取り入れて奮闘しています。
 ご存じでした?「潤いの森」の由来!これは「うるおいのもり」と読みます。お間違えなく。その昔「ノルウエーの森」という村上春樹の小説が流行りました。そうあの赤と緑のブックカバーです。この言葉から派生しています。今明かされる真実。
Category: 未分類

お盆です。

昨日はヘルパー研修会のことをご紹介しましたが,今日は利用者の最後についてお話します。入所されている方は定員64名ですが,平均年齢も86歳以上と高齢です。介護度も平均が3.7から4に近づいています。そうなると年間数名が亡くなることもあります。私たちとしてはだれひとりも少しでも長生きしてほしいと願ってはいますが・・・よくご本人及びご家族と話すと,「もう高齢なので医療や高度な治療はいらない」と口にされます。その意向を汲んでいくと,施設で看取るケースが増えるのは当然かもしれません。少しずつバイタルが下がりながらご家族に連絡を入れると,最後に立ち会いたいご家族もあります。施設の場所が不便な場所にありますから,宿泊も可能なように一部屋用意もしています。普段は泊まりの実習生に貸し出したりもしていますが。関係者で静かに本当に静かに看取ることができると,当然ながら葬儀が必要となります。最近では葬儀をしないで直接火葬場に行くケースもあると聞きますが,人の最期が,いろいろあった人生が最後がだれからも惜しまれることもなく火葬場では情けない限りです。
 そこで希望されると葬儀の場所を貸し出します。菩提寺をお呼びして葬儀をお願いします。一緒に生活したり,お世話させていただいた方についてはやはり「情」があります。終焉までご利用いただいて,送り出すことができるならば私たちも本望です。時には元の組内とのおつきあいがない場合,施設職員がその役割を担いながら最後のお別れとなります。
 お盆を迎えました。施設には仏間があります。仏壇には『過去帳』が収められていますが,過去の入所利用者全員の戒名と俗名が記載されています。毎年お盆とお彼岸には,先祖供養を兼ねてこの施設をご利用いただいて亡くなった方々の供養をしています。特にお盆には過去帳を広げて全員の戒名と俗名を読み上げますが,やはり一人ひとりお顔やエピソードを思い出します。これが本当の供養かもしれませんね。
 
Category: 未分類

今年もヘルパー研修会

 お盆がやってきました。毎日少しずつ雨の降る梅雨のような夏です。皆さんはいかがお過ごしでしょうか?
 先日は食事のことと納涼祭について紹介しました。私たちの事業所は基本的に老人ホームです。しかし,どこの施設もそうでしょうが若干ながらも特徴があります。たとえば私たちの事業所では①老人ホームが経営する喫茶潤いの森 ②老人ホームが主催するヘルパー養成研修会 ③併設及び隣接で実施する障害者サービス ④最後までお世話する葬儀一式 ⑤打ちあげ花火も含む施設主催の納涼祭 等あるといえます。すでに前回⑤については少し紹介しました。
 今回は②のヘルパー養成研修会についてお話しします。もう10年以上前になりますが,社会福祉協議会の委託でヘルパー研修会を開催しました。当時まだ3級なるものがありました。その後2級も実施しましたが,現在の人材難を予想して,自分たちで待っていても確保できない人材に何とか取り組もうということで自分たちで計画して実施することを思いつきました。毎年開催してすでに今年で主催して行うのは9回目になります。自治振興会と共同で開催した講座もありますから正確には10回というところでしょうか?250名あまり養成していますが,50名近くが法人内で仕事に就いています。仕事してみたら思うようにならずやめた人,また仕事はしていたが,資格がないので勉強した人もいますので,いまも受講して仕事している人は40名くらいでしょうか?その意味では人材確保に少しは役立っているとは言えます。
 また開催して有料で受講してもらうためには講師も勉強する必要があります。2時間の講義のためには実は3倍以上の勉強が求められます。結構プレッシャーですね。
 さて,今年も現在計画していますが,10月17日開講を目指して準備しています。昨年は年度末冬場に行いましたが,結構通うには大変だったようです。しかし,偶然ながら後半より景気が悪くなり,あの日比谷のテント村に代表される悪化でしたので,雇用には役だったようです。今年も計画を進めていますので,介護に関心のある方,仕事に向けてキャリアップしたい方応募願います。なお10月以降の募集となります。
Category: 未分類

指導監査も終えて~食事はやはり・・・・~

 8月5日広島県による2年に1度の指導監査が行われました。2名の方が来られ1日色々なことを確認されました。施設運営に関する事項→各種委員会の開催状況とその内容,研修内容,衛生管理に関すること等。入所者に関する事項→各日誌,生活状況,利用料に関すること,提供医療内容と健診,食事内容等。事前提出書類の内容と実際の根拠となる証拠などをつきあわせて確認されました。またお昼も昼食といえども検食ですので,実費を払いながら食べられました。終了後細部にわたる指摘がありましたが,ひとまず無事終わり安心です。それにしても各施設を回られる仕事の方々も大変ですね。
 私たちの法人はあまり外部委託業務がなく,ほぼ直営です。便利はよいのですが管理などは苦労の多いところです。その最たるものは食事です。現在多くの施設が厨房を外部業者委託していますが,私たちは直営で実際食材発注から行います。なるべき地元のものを安全に安く仕入れるために,産品市場とも契約していたり,お米などは直接農家のグループより買い付けます。当然季節で手に入りやすいものと高価なものなどありますので,市場を意識せずにはおれません。その実力が発揮されるのが先日開催しました「納涼祭」です。限られた予算の中で満足していただけるように楽しんでもらうには食材の量はけちれません。そうなると,納涼祭では野菜等の仕入れを職員からも募集して少し安めに購入したり,できあいのものでなく料理することにより経費を抑える工夫をしています。当然ながら花火も揚げますし,多くの人に手伝っていただくわけですから人件費まで払えるわけもありませんが,なんとか運営できています。福祉サービスといえども運営管理は重要で大赤字を続けることは継続性を損ないますから難しいですね。
 考えてみるに人は年間ひとり千食以上食べますが10年で1万食です。あと何年生きるか考えると意外と少ないですよ。おいしいものを大事に食べたいですね。法人は全体で1日千食近く作っています。食事はやはり大切です。
Category: 未分類

扇子のセンス

 暑さは本格的になってきています。数年前から扇子がファッショナブルになりました。数的にも豊富で選べます。先ごろ出張で上京しましたが,おみやげに扇子を購入してみました。その扇子には文字がメッセージのように入っています。中身を見せずに皆さんに選んでもらいました。
 A君 →「無理なんです・・・」
 Bさん→「十人十色」
 Cさん→「以心伝心」
なぜか大笑いです。どうも思い当たるところがあるようで・・・
そこへ苦慮思案中のDさん登場!扇子を手にします。→「明日は明日の風が吹く!」
悟りを開いたとようで・・・また走って入ってくる忙しいEさんにも扇子を。
→「慌てず,騒がず,冷静に!」
もう大笑いでした。不思議なものです。やはり思い当たるところがあるようで・・・
お店では多くの種類の扇子を売っています。\100~\8500くらいまで見たことがあります。金属製の物,アクセサリーがついた物,匂いの薫る物など,一扇ぎ,やはり風が違うのでしょうか?
Category: 未分類

夏だ!

 いよいよ梅雨明けのようです。昨夜はあちらこちらで夏祭りがあったようです。法人本部東寿園も盆踊りが開催されましたが,今年の敵はやはり雨ですね。途中から雨となりました。それでも感覚として例年より多くの人が集まっていたようでした。3~400人でしょうか?さすがに飲み物と食べ物には人が群がります。
 さて,これから暑い夏が来るのでしょうか?はたして???
施設周辺の芝刈りをしました。雨のせいか,おうちゃくのせいか,かなり伸びていました春から3度ばかり刈りますがその量は4倍くらいありましたから結構大変な労力です。
 芝は開所以来手を入れながら茂っています。今年も春先プロの方に肥料等入れてもらいました。元気に青々と育ちますように!そしてそろそろ暑い夏がやってきますように!
Category: 未分類

永遠の別れと再会

 先日ある利用者が亡くなりました。施設を利用されて4年あまり。私たちが在宅で出会ってから10年以上のおつきあいでした。この数年は静かに年齢とともに衰えていかれる姿に,ご家族はそれぞれの思いで寄り添われ,最後の1週間は交替で寝泊まりしながらその最期を見届けられました。私たちは利用者の思いを支援する仕事です。人は誰しもいつかこの世から消えていきます。必ず死を迎えます。「死」は人にとって人生の一大事です。たとえどのようなことがあっても人の最期は厳かで畏敬の念をもって送りたいと思います。この方の人生はどうであったか?私たちの最期のケアはこれで良かったのか?という自分たちへの問いかけが残ります。施設では亡くなった後に,ご利用者のご家族にお便りを送ります。元気な頃の姿の写真と生活を総括したお手紙です。ご冥福を少しでも祈りたいという思いから作成しています。また毎年お盆とお彼岸には供養をしますが,特にお盆には施設にある過去帳に記載されている戒名と俗名を読み上げています。一人一人のご利用者を思い出すことで供養したいと考えます。
先日ある部署を訪れると,びっくり!退職したTさんがいました。結婚退職したのですが,帰省していたようです。いつものように??そこにTさんがいました。退職しても仕事していた事業所に寄れる関係は大事です。
永遠の別れもありますが,再会もあります。日々生きていることを実感する毎日です。
Category: 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。