スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福祉の職場説明会

 先日福祉の職場説明会がありました。私たちはすでにもう10年以上参加しています。いろいろな大学の学生が参加して出店しているブースを選んで面接に臨みます。私たちも少しでも優秀な人材を見つけようとアピール文を情報誌に掲載し期待して参加します。今回はあの元福山そごうの跡地にあります「福山ロッツ」地下2階で開催されました。駅から比較的近いのですが,少し勝手が違います。
これまで多くの人と出逢いました。その中でも現在大きな戦力となっている職員さんもたくさんいます。地元出身でなくても少し関心があり,話を聞いて施設見学して就職したという方があります。また残念ながら地域になじめずホームシックになって出身地へ帰った人もあります。すでに数年経過して仕事しながら結婚までして地元民になった人もあります。そう思うとお互い責任もありますし,伝手やハローワークを通してのルートにない出会いです。12時半スタート!なかなか寄りついてくれません。これまでの参加で一人しか来てくれなかったこともありました。また介護職が不人気で一人も介護職が来ないことも多くありました。また逆にゆっくり出かけて電話がかかってきて「まだ来られませんか?学生が複数待っています」と言われ慌てたこともあります。制限時間は15時半まででした。ブースは30くらい。最初F大学の学生2名が一緒に来てくれました。なかなか楽しくお話しできました。なにしろお互い緊張しています。まるでお見合いですから。その後も少しずつあまり途切れず訪れてくださり11名を数えました。当然ながらその場で採用は決められません。良かったら施設見学をして採用試験をお受け下さい。なお必要な場合,住宅もお世話しますと話しました。関心をもってご来場くださったみなさんありがとうございました。帰ってからお礼のメールのみ送信させてもらいました。この場での出会いが素敵なものになりますことを祈念します。そして施設見学をお待ちしています。
スポンサーサイト
Category: 未分類

納涼祭が近づきました!

 暑い夏がやってきています。個人的には知り合いの方にお中元をいただき,珍味を楽しませていただきながらお礼状を書いたりで夏を満喫しています。
さて,毎年の納涼祭がやってきました。今年は少し遅めの31日(土)の開催です。広報誌やポスターではすでに周知していますが,ホームページではまだ掲載していなかったかと思います。実行役員と6月初旬から計画し,7月1日に地元との実行委員会を持ち準備しています。主催はシルトピア油木,共催が神石よつば会,西油木自治振興会,シルトピア油木家族後援会です。また協力団体は多数ありますが,防犯連絡会,地元消防団,当然ながら東寿園と東城保育所ありすの森も参加してくれます。
今回の余興は大道芸です。色々と用意しています。多くの方のご来場をお待ちしています。良い天候で無事安全に準備でき,素敵な花火が披露でき,一人ひとりに楽しい思い出多い夏の夜になりますことを祈ります。 

Category: 未分類

合歓木街道!

年間かなりの距離を車で移動する。約30,000㎞か。だから車の中が快適でないと機嫌が悪くなる。人によっては当たり前!音楽からラジオ,電話,さらにはナビゲーション,空調まで快適であれば最高。暑い中車の温度計は37度。「だれがここまで暑くするんだ」などと勝手に怒りながら走る。ラジオから聞いたことがあるも別に懐かしくもないソウルフルなだみ声が聞こえる。‘ハラダシンジ’→‘原田真二’らしい。そういえば何十年も前に流行り天才とまで言われながら半ば飛ばずになった地元歌手か。どうもなにやら「大和魂」とかいうアルバムを作ったとか。まるで右翼系団体かと思いきや,「おおきな和」が必要という平和的な思いらしい。現在の自己チューな人や考え方に対してのメッセージらしい。少し木陰で休もうとすると,ついテレビが見たくなる。最近は自宅周辺でもよく電波を受けるので普通のチャンネルはほぼ映る状態。横目で見ながら「別にわざわざ車の中でまで見る必要はないか」などと考えてOFFにする。
国道314号線の両側に目立つのは夏の風物詩‘合歓の花’。ピンクからやや紅っぽい花が続く。よく見ると視界に入らないことがないくらい両側にある。まるで「合歓木街道」何かきれいな樹木を植えようにもこうは植えられないくらい続く。これって目玉にならないかな?
Category: 未分類

出れなかったツバメ

暑い日が続きますが,皆さんお元気でしょうか?それでもこの山の中は朝夕のみは涼しくクーラー不要で助かります。夜もクーラーの中の生活とは大きく異なりますが,いずれ生態系まで変わりそうな気がしますが気のせいでしょうか?さて朝夕は鳥が大きな声で鳴いているのが山の中の特徴です。
あるとき自宅のある建物をあけることがありました。つい窓を開けたらツバメが入ってしまいました。建物の天井近くを飛び回りますが,なかなか出て行きません。箒で追っていたら見えなくなりました。危険を感じて隠れたのでした。そのうち出て行ったように見えました。しばらく待ちましたが,飛び回る様子もないので安心して施錠して出ました。1週間ぶりに入ることがありました。なんと畳の上に横たわるツバメがありました。やはり出ていなかったようです。「しまった!あけておけば良かった」と後悔しましたが,どうもなりません。かわいそうなことをしました。暑かっただろうな。ごめんなさい。

Category: 未分類

新しいパンフレット

 さあ施設のパンフレットを編集して数年経過しました。現状と合わないことは多くありますが,なかなか更新できずにいました。隣接するケアホームや託児所おひさま,さらには今年度より指定管理となりましたユーホームなども加えて編集しています。今回は施設周辺の四季折々の風景を取り入れてみました。春秋のみならず,真夏の空,真冬のつらら,そして中庭の風景も含んでいます。極力小さな紙面で多くの情報を理解していただくことが目的です。多少色合いにも配慮しています。問題の写真は以前はプロの方にお願いして撮っていただいたものがほとんどですが,今回は手元になるデジカメ,Cyber-shotで撮影しました。どの写真がそれなのか当ててみてください。それから一部に外部の方の写真も使用させていただきました。当然ながら了解をいただいています。また紙の質を変更しました。軽めで光沢のある質にしました。封筒に入り郵送しやすく軽量化しています。どうぞご来所の折りには持参ください。
Category: 未分類

大きな災害が庄原市に

 朝から全国ニュースで「広島県庄原市」の映像が流れています。庄原市川北町と西城町大屋の地滑り被害が現地からのレポートとして流れています。大変な被害が出ました。それにしても小さな川が氾濫するとは思いがけない事態です。
 実は昨日近くを通りました。夕方5時頃,三次方面から庄原市へ向かっていました。三次を流れる江の川も水かさは増えていましたが,数日前の大水から見れば穏やかに見えました。ところが三次方面は空も明るく雨も降っていませんでしたが,庄原市上空には真っ黒な雲が見えました。驚いたことに稲光がたびたび目撃されます。「これは大雨かな?それにしても・・・」その風景はまるで映画かアニメの1シーンのごとく見事な稲光でした。その後,庄原市上野公園あたりで雨が降り始めました。その後は雨雲の中です。庄原市西城町に入ると大雨です。まっすぐの国道それも平地なのに道路が水浸し??両側に流れていくはずの水が降る雨だけでたまります。となりを西城川が流れていますが,すごい濁流でした。その後,東城地域に入りましたが,雨は少なくなるどころかさらに降っており車で走行するのも苦労する有様でした。その頃です。大変な惨事が起きたのは。まさかあのようなことになろうとは。庄原市は大変広く香川県の3分の2の広さがあります。そこに人口が42,000人あまり。家は点在しています。この地域に中国自動車道が通っていますが,ICが2カ所にPAが3カ所あります。私も訪れたことのない地域がたくさんあります。もう梅雨はあけてほしいものです。
Category: 未分類

ねこまんま

 大雨が降り被害に遭われました方にはお見舞い申し上げます。さすがにすごい雨でした。怖いくらい・・・もう梅雨明けになるそうです。
 全く話は変わりますが,朝ご飯の時,毎日のことですがお好きなものがありますか?納豆・海苔・梅干し・卵焼き・サラダ・お新香等・・・
ある時,書店で「ねこまんま」なる本を見つけました。その名の通り,食事の時のご飯のお供であったり,乗せるものであったり,まあトッピングですね。私も好きなものがありますが,その中でその名もそのとおり「ねこまんま」なるふりかけがあります。北海道産で道東の厚岸で採れる「ねこあし昆布」のふりかけです。このふりかけがとある道の駅でしか買えるところをいまのところ知りません。少なくとも地元の道の駅にはありませんね。北海道釧路から根室までは根室本線が走ります。乗ってみるとディーゼルで約3時間。遠いですね。その風景はこのあたりの風景と異なり,水田もなければ山もない殺風景な海岸線と湿地が続きます。なんとのその寂しい感じが印象深い,口にするとその景色が思い出されるなつかしい味です。どうもその海岸近くの海で採れる小さな昆布でごまや海苔なども混ぜてあり,結構美味しいですね。
Category: 未分類

託児所おひさま

 そういえば託児所を建設しています。といってももうほぼ完成しています。働く人たちの子育て支援をする必要が高まってきました。子どもを安心して預けながら,身近なところで利用することが最大の目的です。名前は職員に公募して「おひさま」になりました。ケアホーム白い雲の隣にあり,車で入り玄関横につけて,預けてそのまま車で出て行けるというほぼドライブスルー形式です。簡単な建物ですが,周囲の人たちに「何ができる?」とよく尋ねられますが,外観はプレハブですが,中は畳敷きの和室風洋間です。大広間に隣は「乳児室」そして調理室があります。ほかにも子供用トイレと職員用トイレがあります。最大の売りは反対側の出口から出ると庭に出ることです。つまりフェンスに囲まれた庭はデイサービス青い鳥のお庭です。併設のケアホーム白い雲のウッドデッキが目の前で,そこを過ぎると畑のあるお庭です。子どもにとっては結構広いお庭ですね。
 それから殺風景な建物にもうすぐアニメ風の絵を描く予定です。こちらも楽しみです。原画な職員が描きました。
Category: 未分類

そう蛍!たしかに蛍

 雨上がりの晴れの日は見通しは良いのですが,この時期最高に蒸し暑い一日となります。子どもを迎え,夜8時頃自宅に向かって自家用車で帰っていました。国道から市道に入り何となく目の前を何か光るものが横切りました。「あっホタル!」と思わず同乗の子どもが叫ぶ。止まって降りてみると確かにホタルが1匹車の上をゆらりゆらりと飛んでいます。そうかホタルの季節かと思い出し,自宅の池の周りへ足を運びます。さすがにいないかとあきらめかけたその時,遙か上空をほのかに光が進んでいます。確かにホタルです。よくみると数匹います。子どもの頃いくらでも捕まえることが出来たホタルもしばらく水の汚れで見ることがありませんでした。そのホタルがここ数年少しずつ見られるようになってきました。やはりこんな山深くでも水が汚れていたのですね。静かな満足な夜でした。
Category: 未分類

初めての期日前投票にどきどき

 そうはいっても参議院選挙が来週に近づいてきました。施設では入所の方,当日利用の短期入所の方の希望に添って7月8日に不在者投票を行う予定です。当然ながら立会者もお願いします。まずは予定を決めて「公告」して希望を募ります。およそ10年前に『介護現場の非常識』なる本を編集しました。毎月当時からやってきていた職員研修での非常識に思える内容で改善できる可能性のあるテーマを取り上げ自分たちで分析し方向性をまとめた本です。その中でも不在者投票における問題点を取り上げたことがあります。「認知症で判断が出来ない人の不在者投票は権利といえるのか?」以前から疑問に感じていたことを一つ取り上げました。その方向性として,希望する利用者にのみ申請して請求しようという単純なことだったのですが,いまではごく当たり前と思いますが,当時はまだ元気な方も多く,「選挙はするよ!」とはっきり答えられる認知症の方も多かったのです。今回の希望者は約半数の30名あまり。住所の異なる方も2名ありますから,住所地の選挙管理委員会とのやりとりで投票用紙を取り寄せます。
 他人の投票はともかく,自分たちも投票しなければなりません。一度は確かめてみたかった「期日前投票」に日曜日夕方意を決して向かいました。事前に時間をインターネットで確認。20時まで。理由は実は私の住むところの投票所はすこし不便なところにあります。自家用車での出入りが難しいので,便利の良い市役所へ行ってみることとしました。到着19時50分,明かりがついています。こんな時間に申し訳ないという思いと一度体験してみたいという気持ちで入りました。受付で入場券と保険証を提示。投票用紙をもらって投票すること2枚。所要時間5分、わりと簡単にできました。今度はこれかなという気持ちです。選管のみなさんお疲れ様です。しかし,投票には行ったもののだれに投票して良いかわからない事態は深刻です。
Category: 未分類

昔の身元引受人が利用者,そして家族後援会

 先日「認知症」について語りましたが,長く仕事していますと多くの方と出会います。今日も来られた方に名前を見てびっくり!その昔は,ある利用者の遠戚として身元引受人になってくださったAさんです。どこまで確かかわかりませんが話されている姿はそのままです。人の世話をしながら,いつか自分も同じ境遇になるかもしれません。そう思いながら私たちは高齢者や障害者と接しています。忙しいとき声をかけられると,なかなか良い顔ができません。また帰ろうとして声をかけられるとつい足が止まります。「もし自分が反対の立場だったら,面倒そうな顔してほしくないだろうな」とか思いながら。
 私たちの施設が家族会を開催しています。会費制ですが,年2回の総会や行事等計画します。お願いや説明などもあります。ところが利用者がお亡くなりになると,自然と退会になるわけですから縁が切れてしまいます。利用者の平均年齢が80代後半ですから,その子どもさんたちは,若くても60歳代の方が多いです。そうなると次の利用者でもあるわけですから,縁を切らずまた制度の変更についても説明しながら関わっていただきたいという思いから「家族後援会」として,安価な会費で参加を募っています。開所以来のつきあいの方もありますし,ずっと親族を含めどなたかが利用されているケースも多いでしょう。地域に根ざしていくにはネバーエンディングなおつきあいが重要ですね。
Category: 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。