スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年ヘルパー養成研修会修了

 今年のヘルパー研修会が修了しました。今年はこれまで開催した中で一番受講者が少なく17名の修了でした。夏場に開幕し秋に修了するという日程でした。修了式では修了証書を手渡しますが,履修上参加しなくとも問題はありません。それでも毎年最終講義を用意し会食して終わります。講習中の大変だった思いや緊張した実習について,または日ごとの仕事についてなど話したいことも多いと思います。そんな個々の思いがはらされることもあろうかと開いています。最終講義は今年は「社会に役立つ災害救助犬」と題して地元神石高原町が進める犬の訓練事業の中からお話しいただきました。東日本大震災での犬の救助や海外での活動内容,最後は実際のセラピードッグの登場で,受講者の皆さんもなでなでしてましたね。
 さてお昼は会食です。始まる前に昼食会場の喫茶潤いの森の様子を伺うと,テーブルが長く一連に並んでいます。テーブルに1本ずつフォークとナイフを複数で並べています。シェフYに尋ねました。
「もしかしてフレンチ?」
「予算的にフルコースは無理ですがやってみようかと思って・・・」
ということで‘フランス料理’であることが当日判明しました。オードブルからさつまいものポタージュスープ,ステーキ,サラダ,デザート,コーヒーまたは紅茶と続きました。もちろん当日は貸し切りということで,途中食事に訪れた方も利用できないのでお帰りになり失礼いたしました。
 やはりフルコースでなくともフレンチです。順次お皿が出てくるわけですからゆっくりお話しできます。和やかな内に終了しました。
スポンサーサイト
Category: 未分類

初霜

 10月27日朝はこの広島県の北部では冷え込みました。部屋の中でも4度程度で数値もその冷え込みを示していました。外に出てみるとなんと!!草木の一部が白いではありませんか?「初霜」です。つまり外が氷点下になったようです。寒さでは広島県一の神石高原町油木はやはり0度以下のようでした。テレビ等の報道では初冠雪のニュースが流れました。どうも長野県です。この北部は信州と同じ気温と気候のようです。そうはいってもまだまだ冬の到来はありませんが,11月が来ると初雪,霙などが続き,積雪へと季節は流れます。長い冬が来ますね。毎朝道路が白くなり,スタッドレスタイヤが必要になります。この地方は12月から3月までほぼ冬ですから1年の3分の1が冬季となります。
そういえばもう年賀状の発売が近づき印刷の案内パンフレッも届いています。1年の流れは早いですね。
Category: 未分類

丸亀○○うどん

 最近気になっていたお店に入る機会を得ました。「丸亀○○うどん」というチェーンのお店です。店舗が増えているようなのでなんとなく‘美味しいんだろうな’など程度で見ていましたが入りました。驚いたことに従業員がたくさんいるように見えます。それからどうもそのお店で麺を打っているようです。中にはいると客の動線を意識した店作りとなっています。移動しながらセルフで膳組みしていく学食風です。味は美味しかったです。かけうどんなどは\280からで,ちょっと贅沢して揚げ物等追加しても安いです。かき揚げをいただきましたが,先日の浅草のかき揚げ丼と違いえびなどありません。よくみると野菜の揚げ物の半端なところを集めているふしもあります。なるほど考えた物です。それでもそこで揚げているので美味しいと言わざるを得ません。さあ,そのお店で全てを作る形態のチェーン店の常識を覆す感じです。店内は親子連れやカップル風の方も見えます。安いくて美味しいから当然人が集まります。あとアルコール類はありません。それでももうけが出るんでしょうね。となると原価はかなり安いです。発想の転換ですね。勉強になりました。
Category: 未分類

米子市水道局

 米子市水道局の職員さんが利用者のある方に逢いに来られた。何でも土地の売買の話とかで。「米子市??」はたして米子市に利用者名義の土地があるということか??それにしても米子市??その人は広島県の方ですが・・・
 そんなことを思いながらはるばるこられた職員さんを迎え,話の冒頭のみに同席した。理解できました。米子市もいろいろなことを想定されていて,もしもの時に備え,水源の確保を目指しているようです。つまり分水嶺付近を広島県と鳥取県の県境付近に土地を確保しようということのようです。なるほど米子市も考えますね。つまりもしも水に困ったら遠くからでも引こうとか運ぼうという壮大な計画のようです。それで地権者をあたっているようです。ものすごい山の中でも価値があがります。もちろん災害は地震や津波ばかりではありませんが,東日本大震災において心配されたのは,「島根原発」です。なんでも島根原発から庄原市まで80㎞しかないとか・・・私たちの施設でも研修会で福祉施設の非常時の対応について研修をしたいと計画しています。己の力でいろいろなことを想定しないといけませんね。
Category: 未分類

ここホテル??

 最近は良く名前を知らないホテルがあります。それは広島でもありますし,東京にもあります。それもわりと駅に近い便利なところにあります。立地がよく価格も安めなのでネットで予約を入れました。最初から少し気になったので住所を確認しながら歩きました。そろそろあるはずの場所ですが,それらしいホテルは見えません。さて交差点で住所を確認しようと正面の建物を見たら小さな看板がありました。「○○ホテル□□町」。これです,目的地は。なるほどわかるわけもありません。駐車場が近くに無ければ車寄せのロータリーもないのです。ましてやロビーの明かりやにぎわいなど全くない雰囲気で場所も鉄道が近いものの閑静な住宅地です。入口は外から見えない扉です。入るともう一枚ドアがあります。ロビーは狭く管理人室のようなカウンターがあります。そうです。まさに元マンションです。最近マンションを買いとったようなホテルが多くあります。あの‘アパホテル’もそんなホテルです。それでも元マンションであれば居住空間は良いはずです。簡単にチェックインをして,当然ながら荷物を運ぶボーイもいるはずもなく,セルフでエレベーターを使い部屋のあるフロアーにつくと,やはり廊下は外から雨の吹き込む解放された廊下です。少し重めのドアを開けると,履き替え用スリッパがありますが,段差はありません。玄関と部屋との間にはドアが丁寧についています。部屋は広めです。なにより気に入ったのはトイレとバスは別室です。また簡単なキッチンも備わっています。そうなると電子レンジや冷蔵庫もあります。やはり居住は良いですね。インターネットは後付ですが使い放題。ベランダもあります。入口こそ貧相ながら居住空間は立派です。少しリスクを話すと,テレビがいまどき珍しい有料カード使用でした。それでもパソコンを持ち歩く小生にとっては問題ありません。ワンセグで勝手に別に見れます。といってもニュース以外みたい番組はありませんが・・・こういったホテルはだいたい共通して言えるのは,駐車場は充分無くサービスも特筆すべきものはありませんが,シンプルで立地がよいことです。当分こういったホテル増えると思います。それから上層部は1か月単位の貸し出しマンションとして売ってました。
Category: 未分類

羽田空港に回転寿司

 久しぶりに羽田空港を利用したといっても数ヶ月ぶりですが。以前書いたことありますが,人気のでないお店のこと。「美味しくない」「場所が悪い」「値段が高い」では人気が出るわけがありません。また空港という所は価格が高くて美味しくないという先入観があります。数年前に羽田空港に国際線が復活しました。いまでは観光名所になっているようです。たまたま帰りの車中のラジオで羽田空港と成田空港の飛躍について,アジアのほかの空港との比較で議論していました。どうも両空港の連携によってはほかに負けないという話でした。またただ空港としての存在より,テーマパークや観光名所として楽しめるような作りや運営,そのためには外国の人から見た取り組みがあるとよいという提案でした。
 さて,話は羽田空港に戻ります。お昼でも食べようと送ってくれた身内と店を選んでいたら「寿司にしよう!」と言い出しました。そうです。寿司屋はあります。‘元禄寿司’。のぞいてみるとなんと‘廻転寿司’ではありませんか?そうあのチェーンの「元禄寿司」です。驚きましたね。そんな店が羽田空港にあろうとは?入ってみると少し狭めですがいいですね。ネタが取り逃してもすぐに回ってきます。当初外には「¥136」と表示がありましたが,さらに驚きです。それ以下の値段もあります。「¥99」「¥79」等々・・どうなっているのか。美味しかったですよ。凄いですね。どうなっているんでしょう。また入りたいと思う羽田空港における2軒目の飲食店でした。
Category: 未分類

グローバル経済のもたらす結末

 あまり私たちの福祉現場には直結しませんが,世界経済は不安定になっています。あのヨーロッパの共通通貨ユーロにギリシャ危機が迫っているからです。どうも一部では20年前の日本のバブル崩壊に似ているとかで公的資金注入などの対応の遅さがリスクを大きくしているようです。それでもあのバブル崩壊からの日本の歩んだ茨の道を思い出すとけしておおらかに構えておけるような気分にはなれません。つまり遠くのギリシャの財政危機に日本の片田舎で不安を感じているわけです。石油にしろ,放射能にしろ,金融にしろどこか遠くの出来事でなくなっています。企業は合併と買収,さらには競争によりまた加速という状況が続くと,すべてが大きな単位になり,その動きは影響も大きくなります。まるで町の真ん中にヨーカドーなどの大型店が進出して,小さな店がつぶれなくなってしまいますが,数年経って経営が思わしくなくなると,大規模店舗が撤退します。そ結果,その町には景気も後退で再生するわけもなく,何もなくなるわけです。現在のグローバル経済はそんな感じに見えます。いかがでしょうか?

Category: 未分類

時代の眺め

 浅草の浅草寺の境内に立ちました。朱の色の軒が伸びる寺のいつもの参拝客でにぎわう境内の向こうの晴れた空にでっかいまだ完成していないがほぼ全容の見える‘東京スカイツリー’の雄姿が晴天の空にそびえ立っています。まさにこれからの東京の代表的風景となりそうな今日本に足りない自信一杯の期待が見えます。それにしても和風建築の合間に堂々とかいま見える構図は印象的です。
 さて,浅草といえばなぜか天丼ですね。老舗もあるでしょうが食べたくなるメニューです。などと呑気な気分に浸っていましたら,翌朝10月19日の朝刊読売新聞に早稲田・慶応大学OBの写真コンテストの記事が紹介されていました。その中で人力車を引くお兄さんが指さす先に東京スカイツリーが収まっている写真が代表して掲載されています。たしかにいま浅草では観光に人力車が浅草寺の周辺をたくさん走っているのが目につきます。さてそのタイトルは「時代の眺め」でまさに浅草を代表する一枚でした。さすがの一枚です。あっぱれ!
Category: 未分類

今どきのドラッグストア

 あまり丁寧に買い物をしなくなって久しいと感じた。地元の以前からある大きなドラッグストアに入ることがあった。‘ドラッグ’なので日常薬品や化粧品を中心とした品揃えであることは理解していた。ところが,「ビールを購入する!」という家族のお買い物について入り驚いた。そこはすでにスーパーマーケット!生鮮食料品こそ無いものの,冷凍食品、アルコールを含めたドリンク類各種,調味料,アイスなど何でもあり。一番驚いたのは‘お弁当’ですね。300円程度のお弁当まであります。もうこれはドラッグではありません。もう雑誌や暖かい食品を置き始めると,コンビニと変わりなくなります。薬品→化粧品→日用品→食品・・・といった流れでしょうか。今後,スーパーやコンビニのライバルになるでしょうし,この調子だとコンビニやスーパーも日常薬品を売る日もあるのではないでしょうか。進化は恐ろしい物です。これから何が出てくるでしょうか。
Category: 未分類

金木犀の香る秋

 金木犀が良いにおいで香っています。秋もまっただ中ですね。私の自宅には白い銀木犀もあります。意外と金木犀ばかりが目につきますが,白いのは少ないのでしょうか?ぐっと冷え込んで来ました。9月の最初は朝でも25度くらいありましたが1か月後にはもう10度しかない広島県北部です。気象上は8度くらいの日もあったようです。扇風機からいきなりコタツになったお家もあるかもしれません。周囲には風邪ひきも多いように感じます。皆さん体調を崩されませんように。
さて,秋の味覚も本格的になりました。栗や柿も多くなっています。今年早いのはキノコです。この北部では「コウタケ」なるにおいの良い少しあくの強いキノコが豊作かもしれません。松茸は余り聞きませんがあるようです。いつかも書きましたが私の自宅の庭周辺にはシメジがあるようです。結構周囲にあるようでこちらは早くから食べれます。唯一田舎生活のよさでしょうか。田畑はようやく稲刈りも終わりになったようです。昨年ほど暑くありませんでしたが,出来高はいかがなものでしょうか。まだまだ冷え込んでいきます。おいしい物がたくさん採れますように。

Category: 未分類

パワーポイント使えばよいというものではない!

 最近は研修や講演ではパワーポイントが必須の道具となっています。医療関係者が用い始めたらしいのですが,大変普及しました。私もかなり前から使用しています。特に凝ったアニメーションなどは使用しませんが。非常に便利良くわかりやすいのですが,問題も多くあります。
 メリット ○大きな画面を使用できるので説明しやすく理解した感じがする。
      ○カラー表示で画面が動くので飽きない。
      ○写真や図が多く使えるので説得力がある。
      ○講師にとって全部の資料を作成して配る必要がない。
デメリット ●若干会場が光を落として暗くされることが多いので,メモしにくい。
      ●面白くないと寝やすい。
      ●データ等説明があっても資料として配られないこともあり理解しても持ち帰れないことがある。
 ある時、ある程度年齢の高い講師がPPを使用されました。ところが資料として配付され
ている手元の資料の写真とか新聞記事がよく見えません。夕方の講演でしたので少し暗く
見えにくいのか?それとも老眼で見えないのか?と悩みましたが,謎はすぐに解けました。
スクリーンのPPのスライド資料を見て納得しました。拡大されたスライドでも読めませ
ん。つまり元々の資料が見えにくいのです。どうせ作るなら読めるようにお願いします。それからいくらでも作れるからといってものすごく小さな字で1枚のスライドに詰め込む講師があります。作れば良いというものではありませんね。自戒を含めて反省です。
Category: 未分類

猿,タヌキ・・・

先日の週刊広報誌の利用者の記事の中に衝撃の記事がありました。昔若い頃‘猿’を食したことがあるという内容です。‘猿は食べて良いのか?’という疑問がわいてきました。調べてみると特にダメとはないようですが,‘文化的に食べる風習がない’とあります。その理由として日本では猿は人類に近いからということのようです。たしか中国では食べます。中国は何でも食べてみるチャレンジ精神旺盛ですから,他にもハトや蛇まで食べます。猿については確かあまり思い出すのも好きでありませんが,脳みそが美味しいとありました。それも生きている場合,食べている最中にその猿と目が合うとか言います。想像してみるにかなり恐ろしいことです。
このところ国道沿いに通勤時,猿の軍団の出現が目撃されています。先日は広島市内でも目撃されたようです。広島市といっても熊が出る山まで広島市ですので街中ではないでしょうが。ほかにもタヌキがよく車に引かれている姿を見ます。タヌキさんお気の毒です。田舎道はどうも動物たちにも交通指導が必要ではないでしょうか?
Category: 未分類

粗大ゴミの処理

 日々多くの物を使用している仕事なので,購入物資が多いとゴミもたくさん出ることになります。年間では残念ながら粗大ゴミが出てくるわけです。日々のゴミも有料なのでかなりの金額になります。一頃「生ゴミ処理機」の営業が多くありました。300~400万円程度のもので,バクテリア等で分解して肥料に変えたり,方向は違いますが全く有害ガスを出さないような完全燃焼の焼却炉も紹介されました。どうも購入に到らなかった理由として,成功例を知らない,実際購入されていても稼働していないケースしか知らないからです。いつしか良い物が完成するでしょうが,今のところ有料で処理していた方が安いようです。さて,生ゴミはともかく,年間ではどうしても粗大ゴミをどこかに処理に出すことになるわけですが,昨今はこれまた有料で業者によってはかなりの額になります。一考の余地がありました。そこで粗大ゴミの内容を洗ってみると,「車いす」「保温庫」「傘」「金属片」「下駄箱」等でした。つまり金物が多いわけです。そこでゴミとしてではなく金物引き取りをお願いしてみました。買い取り費用さえ請求しなければほぼ引き取っていただけました。大きな磁石のようなクレーンで吸い上げるとくっつく物とくっつかない物に分かれます。一番吸い付いたのは持ち込んだ軽トラックでした!!
 私たちは無駄のない買い物をしなければと思っています。しかし最終的にはゴミになるケースが多いですね。理由として「使用して寿命が終わる」ケースと「実際購入してみたが使えず不要となった」ケースもあります。前者は仕方ないのですが,後者は購入した側に先見の眼が曇っていたわけです。反省です。よく考えて買い物しましょう。ある施設では「予定外の物はいっさい購入しない!」また「納品書以外で購入しない」という姿勢を貫かれていました。再考です。

Category: 未分類

夢を実現するために

ある方の講演を聴いた。講師は一頃有名だったアナウンサーで現在フリーの方です。‘夢を実現するために何が必要か’といった主旨の講演でした。要はミラーニューロン細胞という「マネする」技術を持つ働きを重視して「イメージトレーニング」を積むことが成功への秘訣とのことで,イチローや黒岩彰,さらには鈴木大地といったアスリートの成功秘話を交えて面白く話された。確かにそういった良い結果を招くためのイメージトレーニングは成果が大きいことがそろそろ一般的に認識されている。上手くやるためには悪いことは考えない,上手くいったケースのみを想像し,自分に植え付ける。
そういえば最近‘広島学’なる書籍を読んでいる。「広島」「広島」といっても日本的にはあるいは世界的にはよく知られているが実際住み生活している私たちがどれだけ知っているか?カープ,毛利氏,草戸千軒,政治家,経済,銘菓,産物,観光資源など知っているようで実はよく知らないことは多いという自分的な認識から勉強したいと思ってますね。たとえば原爆投下でさえどこまで正しい認識を持っているのか,とさえ思う。全国からは修学旅行などで訪れたり,観光的には世界からもやってくる人が多いのですが・・・
そのことから考えて,「少子高齢化」と「過疎化」の地域においてマイナスイメージばかり認識せず,良いところや良いイメージ作りに取り組む必要があると考えます。観光資源が多い,温暖で住みやすい,大災害が少ない,おいしい物が多い,スポーツが盛ん,明るい 等。ある先生が指摘されたことがあります。「広島県には都市があり,観光都市があり,過疎地域があり,島諸部が存在する。サンプルとして非常に変化に富み面白い」と。その意味では良いところに住み仕事していると考えることができます。それはともかく「夢」は抱かずには実現しないということです。
Category: 未分類

お祭り打ち出し

 お祭りシーズンです。施設では毎年地元神社の神祇打ち出しが駐車場であります。地元の関係者の皆さんが,なかなか神社にお参りできないお年寄りに少しでも祭り気分を味わってもらおうと開所以来ですから20年間続いてきた行事です。午前7時半頃より関係者が集まってきます。車から太鼓や獅子などをおろします。皆さんすでにお祭り衣装で到着です。
 これに先立ちちょっとしたまかないのためおにぎり作りや豚汁作りに6時過ぎから一部の職員さんにボランティアでご協力いただきました。約70名の神祇団がそろって8時から打ち出しです。少し冷ややかな晴天の朝です。寒いので寸前になって利用者は見物に出てきました。賑やかな太鼓等の音にお祭りの気分が乗ってきます。気がつくと施設関係者以外の見物客も結構います。およそ30分打ち出しが続きました。地元の皆さんありがとうございます。その後は外で豚汁等召し上がっていただきました。そして9時には次の場所,小学校へ向けて出発されました。今年も良い祭りになりました。
 
Category: 未分類

「面授」の重要さ

 ある会議を行いました。参加を呼びかけた方はどなたも高名なお忙しい人ばかりです。遠くにいても便利がよいからといってメールと電話ばかり交わしていたのではなかなか話がかみ合いません。結果計画が進まない状況に陥りました。そこで「集まって話し合いをしよう!」と呼びかけました。夜にもかかわらず予定のメンバーがほぼ都合をつけて集まりました。その協議時間およそ2時間,結論ですが,まあ大きく変わることはなかったかもしれませんが,やはり直接話すと盛りあがることや新しい意見も出てくるものです。自分でもふといろいろ思いつきますね。仏教用語で「面授」という言葉があります。特に出会うこと,直接接することに重きを置いています。直接言葉を聴く,直接顔を会わせる,直接教えを請う,直接意見をいただく,つまり‘直伝’でしょうか?アップルの創業者が亡くなるというニュースが流れました。この世界の情報革命を起こした人のひとりです。インターネット,パソコン,携帯,メール,フェイスブック等便利な機能がたくさん現代はありますが,逆に直接出会うことは希であり重要ですね。
Category: 未分類

後ろ姿

 自分の後ろ姿に自信ありますか?私は全く自信ありません。でも家を出る前には皆さん前からばかり鏡で眺めて出発していても後ろ姿の方が注目されています。たとえばこんなおとありませんか?ある写真の端っこに誰かの後ろ姿が映っていても,だれなのかわかるといった経験は?みんな後ろ姿には特徴があるものです。それがたとえまったく予想できない場においてもです。出張して街中を歩いていたときです。後ろ姿しか見ていませんが,前を行く人はよく知った人です。後ろ姿及び髪型に誰にもない特徴があります。一人でなかったので声をかけませんでしたが・・・
 結局,街角を曲がって方向は別れました。結局顔を見ることはありませんでしたが,間違いありません。自分もこのような形で他人から後ろ姿をじっとみられることがあるんだなと改めて思いました。他人は前から見ているようです‘じっと’見るわけにはいかないものです。その分後ろからは凝視しているだなと反省しました。

Category: 未分類

プロポーザル方式

 プロポーザル方式なる設計提案の一般公開に参加した。「プロポーザル方式」とは、主に業務の委託先や建築物の設計者を選定する際に、複数の者に目的物に対する企画を提案してもらい、その中から優れた提案を行った者を選定することを言い「プロポーザル (proposal) 」は「企画、提案」の意味です。
 さて,一つの大きな建物を巡り6社が参加したようでした。感想ですが,やはりプレゼンテーション能力は非常に重要ですね。どんな技法や技術を持っていても仕事をもらわないとどうにもなりません。そのためにはプレゼンテーションのうまさは欠かせません。これまで入札には金額中心で行われてきましたが,こうしてみると各社図案が異なり,どこが設計するかで大きく異なることになり,ひいては快適性や使いやすさの評価につながります。勉強になりました。
Category: 未分類

またしても時間限定!

 とある用事で名高いホテルに泊まった。正規料金ではすごく高いけど格安価格でネットに出ていたので予約した。少し早めの会議もあったので,2時頃にホテルに着いた。予定通りチェックインしようとカウンターへ向かいお嬢さんに「チェックイン!」と名前を告げると,
 「ありがとうございます。お客様のプランは18時チェックインとなっております。もしお早いチェックインを希望されますようでしたらプラス\1,000となっております」
はあまたか??安いには理由がある。まああいいや。
 「それじゃあ,いいです。どうせこれから会議でますから。荷物預かってください」
と荷物預けて出かけます。幸い予定通り会議も終わり5時には解放されました。早めにホテルに入ろうかと思いましたが,ここまでがんばったので意地でも時間前には入れない。ドトールコーヒーで時間をつぶしやっとのことでチェックイン!それでも少し早めの10分前。フロントの男性に
 「お客様少し早めですがもういいです。どうぞご案内いたします」とボーイが荷物を運んでくれました。その後は楽当然ながらしい夜をにぎやかに過ごしました。
 さて,朝になり予定の場所へ仕事に行くためにチェックアウトで駐車券の無料券を渡してくれます。その数8枚!思わず
 「こんなに入れるの??」
確かに必要だったようです。納得しました。

Category: 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。