FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「健康診断」

年2回、職場で健康診断が行われる。今年も春の健康診断が5月2日にあった。体重や体の不調など人それぞれ気になる人は多いだろう。体重を気にしてはご飯の前に測定、トイレを済ませてから、服を一枚脱いで…などたいして変わらないことに頼ってみたりする。心電図では男性職員は担当の人が女性だとなぜかドキドキすると聞いた事がある。腹囲では気付かれないようへこませてみたり。それでどうなのというようなことに盛り上がる。本来、健康診断ではきちんと体の調子御正確に診断し、その結果によって安心するなり、治療するなりすべきところであるが。とはいえ、そんなことは関係なしにちゃんと正確な検査が行われないところが私にはある。それは血圧。ここのところ毎回なのだが高血圧。ただし健康診断時に限ってのこと。そもそも別件で私は通院治療中なので血圧測定も定期的に行っており血圧が正常値なのは確認済み。しかしこの時ばかりは超がつくほどの高血圧となる。それは自分で了解済みなのであるがはかってくれるスタッフにはどうも伝わらない。見えないことにまだ十分慣れていない私にとって日頃慣れない空間や大勢の人の気配を感じる場所は極度の緊張場面。そこにいればいるほど緊張度は最高値を知らないのかというほど上昇する。案の定測定しなおせば血圧は下がるどころか上がる一方。口を開けば少しは落ち着くものの通常会話で血圧は上昇するものとされ黙っていなさいと注意を受ける。人の波に入る事さえもがストレスになっている私にとりこの時間はさらにさらなるストレスとなって押し寄せてきた。気がつけば頬を伝う涙。やれやれな恥ずかしさにストレス度は増すのであった。その状態で向かった採血。どうやら注射を怖がっていると判断されたらしく私は3歳児かと思わせるような言葉がけをいただいたのであった。ちなみにずっと病院とつきあいのある私にとって注射はもう慣れっこなのである。
とまあこんな感じで健康診断は終了。しばし忘れていると結果通知が届くだろう。そういえば今回のドクター、診察後に「がんばりましょう」と手を握って声をかけられた。あたたかくやわらかな感触でした。気持ちに余裕がなく自分がどう反応したのか覚えていない。失礼でした…ありがとうございました。
スポンサーサイト
Category: 未分類

「子どもの頃の遊び」

デイサービスへおじゃまするとテーブル上におじゃみ(お手玉)を発見。私は90歳代の女性の隣りに座らせていただく。さっそく話題は‘おじゃみ’に。
「昔はようしようたのになぁ。できんようになってしもうたで」なんて言いながら、3個手に取り「1,2,3…」と10回ほど女性の手におさまる。「お~すごいじゃないですか」という私に「まだまだできようたんよ」と。なにやら重さも関係するとか。
「今頃の子は何をして遊びょうるんかの。私らが子どものおりは、こがぁなことばぁじゃった」とのこと。私が子どもの頃は…そうだなぁ。あやとりとか、ビー玉とか、缶ポックリとかかな。テレビゲームもはやってきてたけど。私の子どもたちはあやとり、縄跳び、ままごとなどのごっこ遊びといったところかな。学校では竹馬をしているとも。そういえば、私が子どもの頃は祖父が山から竹を切ってきて竹馬を手作りしてくれたなぁ。最近はなんでも売っているけど、以前はお手玉にしても竹馬にしても手作りの遊びが多かった。私には手作り難しいけれど手作りのあたたかさっていい。ちなみに私は祖父が作ってくれていたくす玉鉄砲が好きだった。器用に作り上げてしまう祖父、今はもう亡くなってしまって作ってはもらえないが尊敬する。
Category: 未分類

「ピアノ救出大作戦」

我が家の出来事。十数年来考えていたことがついに実現。今や物置と化した離れに埋もれるようになっていた我が家のピアノ。好きでよく弾いていたけれどだんだんと弾く時間が減り見えなくなるとすっかり遠ざかっていた。好きなのだけれどなんとも音感のない私は楽譜を見ないことには弾けないのである。そして弾かなくなったピアノは同じく使われなくなった過去の品々とともにほこりをかぶって長い眠りについていたのだ。それがどうもずっとずっと気がかりでならなかった。ピアノが初めて我が家に届いたときどこから運び入れたのだろうと考えるほど建物前はせまく石崖は高い。ピアノから玄関までやれやれと考えるほどの物の多さ。そして何年も弾いておらずねずみの存在も気になる空間で果たしてピアノそのものは無事なのか。そんなこんなで十数年なのである。
いろいろ考えていても前には進めないとまず買ったお店に連絡。相談のつもりが「それは見にいきましょう」と日曜日にもかかわらずの回答。心配していたねずみの被害はなく移動も問題ないとのこと。検討のつもりがどんどんと話は決まった。
移動当日、やってきたのは男性二人。重さ約250キロというピアノを息の合った掛け声とともに持ち上げ運ぶ。すごい!!思わず「腰は大丈夫ですか?」「日頃からなんか鍛えてらっしゃるんですか?」と聴いてしまった。軽く笑われ「日頃の仕事で鍛えているぐらいで、特には」重量物専門の仕事とのこと、これぞプロ!という姿。
続いて調律。実は購入時に調律に来てくださっていた方とのこと。掃除も兼ねての調律は長時間となったが子どもたちは興味津津。終了の合図のように一曲奏でて下さりしばしの生演奏にうっとり。さすがの腕前に感動し心もあったかくなるよう。
こうして無事生返った我が家のピアノ。聴こえてくるのは親子で奏でるたどたどしい『かえるの合唱♪』それでもきっとピアノは喜んでくれていると信じて…。
プロの仕事ぶりに
Category: 未分類

田舎ならでは?

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!
梅雨入りし、じめじめする毎日を送る今日この頃です。今年は雨の日が多そうですね。

先日、仕事を終え自宅へ帰宅する道中で、ビックリする生き物と遭遇しました!!!!なんと、直径20㎝程度の大きな亀が道路のど真ん中にいたのです!!車内に子ども達も乗っていたので、子ども達はおおはしゃぎ。
亀と出会った道は田舎道で、道路の両脇は草むら、近くには田んぼもあるような所です。私自身も田舎出身ですが、亀を引きそうになる経験は初めてでした(笑)思わず車を止めて、子ども達と亀の観察。動かない。
 しばらく待ちましたが、全く動かないので道路脇に亀を移動させて帰宅しました。あの後あの亀はどうなったか気になり、子ども達と翌日同じ場所を見てみましたが、さすがに見つかりませんでした。残念。
子供たち曰く「石に化けて逃げたんじゃろ!!」だそうです(笑)

その後、亀について調べてみると、田んぼに生息する亀は最近では見なくなったものの、昔は沢山池や川、田んぼに生息していたそうです。私が見たのは『クサガメ』という種類の亀だったみたいです。
この『クサガメ』は昔から日本に生息している亀で、近年では数が減少してるいるらしく、先日クサガメに会えたのは貴重!?だったのかも知れません。
 田舎は不便が多いと感じることもありますが、野生の亀が住めるほど水が綺麗なのかもなあと、嬉しくなったのでした。
繧ッ繧オ繧ャ繝。_convert_20130601103100
Category: 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。