スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東寿園の特養建て替えプロジェクト~国際福祉機器展見学 その2 ⑪~

 次に関心があったのがトイレです。特に今回希望したのがトイレの蓋と背もたれ,さらには壁から少し離してあるタイプが介護しやすいという項目でした。予想通りすべてを満たすトイレはありません。かの有名Tメーカーも大きなブースと派手な呼び込みをしていました。それでも各社工夫されています。良かったのはかなり狭く設計しても手洗いや汚物流しまでセットしてこれくらいという広さ。また給排水口を床でなく壁にして掃除しやすくした物。寄りかかる前側のテーブル(ファンレストテーブル)が前後と上下に動くタイプ。流したとき詰まりやすい場所を研究して簡単に解消できるメンテナンスしやすいタイプなど。驚いたのは水洗のポータブルトイレですね。これも給排水口さえあればホースのようなものでつないでどこでも使用できます。ウォシュレット付きです。しかし,はたして現実的な物でしょうか。なんとなく普及しないように思います。また純粋ポータブルトイレでもウォシュレット対応がありましたね。まだまだトイレには改良の余地があります。
 ちなみに洗面等水回りも見学しました。各社有名住宅メーカーが展示しています。キッチン周りのセットも高齢者や障害者が使用しやすく改良されています。深さや足の入るスペース,さらには高さなどに工夫が見られます。椅子で使用するシャワーなどもおもしろいですね。いずれにしても使用する人の感想や意見が生かされているのでしょうか。いくら良くてもお値段も重要です。
 ある業者の方が言われていました。「その昔,研究して体に負担の少ない車いすを開発したことがありますが,売れなかったです。やはり値段が高かったので・・・」と。たとえ良い物が出来ても商品化され生き残るためには販売価格も重要です。何しろ車いすは簡単で軽いタイプがよく売れます。もちろん安全性が大事ですが数が出ないと安くは売れません。壊れたときのメンテナンスも必要で部品が簡単に入ってくるようでないといけません。難しいですね。
スポンサーサイト
Category: 未分類

「デイサービス青い鳥」

今日はデイサービス青い鳥へおじゃました。気持ちのいい晴天、青い鳥にも心地よく陽が差し込み、一言で表すならば‘くつろぎの空間’といった雰囲気だ。今日の利用者は6人、お茶を飲み、マッサージを受けながら,みんなでおしゃべり。落ち着いた空間で一つの話にみんなが入り、私の大きな声はかえってじゃまなほどに,おとなしい声でもみんなに届く。合間に入浴される方もあるがごく自然な感じ。時間に追われたセカセカした感じがなく、かといって退屈で時間を持て余すといった感じでもない。というのは私の印象でしかないけれどおすすめの空間。お昼が近づくにつれ漂ってくるご飯の炊きあがる香りもプラス要素。実はすごく緊張して向かった空間だったけれど、いろいろなプラス要素で気づかぬうちに溶け込んでいたように思いました。
Category: 未分類

東寿園の特養建て替えプロジェクト~国際福祉機器展見学 その1 ⑩~

 東京で開催された「国際福祉機器展」の視察に行った。主な目的は建替施設の備品選定と最新情報の入手でした。なにしろ東京ビッグサイトですから国際展示場は大変広く適当に見て回っていてはとても回りきれません。そこである程度項目を絞っての見学でした。大きなテーマは「浴槽」「トイレ」,さらには「感染対策」「家具」等でした。報道もされていることから多くの部ブースと人です。「第40回」と銘打たれているので歴史もあるようです。
第1の目的の浴槽ですが,様々ながら大きく取り回しの良い機械浴と気の利いた個浴に近い物に集約されています。取り回しがよいとは今の施設が狭く一般家庭に近い形が増えているだけに小さく水量を控えめの物です。しかしながら同じタイプが並んでいても細かく見ていくと違うんですね。長所短所があります。また今後改良が進むタイプとして住宅使用のユニットバスがありました。これが結構機能的で手すりと浴槽の位置が動くシンプルな物です。残念ながら浴槽のみでは意味がありません。小さな機械浴程度の値段で一式購入できるようです。良さは壊れないことと思います。
 学んだことはやはりわかっているつもりでしたが自分の目で確かめることです。通常業者さんの紹介により機器等を購入していますが,やはり斡旋業者さんも人であり自分の感性で今後を予想して紹介されます。別にそれが悪いわけでありませんが,私たち購入する側も対等に協議できるくらいの目が必要です。
 またこれだけ多様ですと,今後も改良は進みます。つまり途上にしかないということです。出来れば10年20年と先に進化が期待できるタイプが良いようです。
 依然として大がかりな機械浴を展示してコンパニオンを並べて販売促進しているブースもあります。でも依然使用していた高価な大きな装置には人は群がっていないように見えました。
Category: 未分類

『音当てゲーム』

ちょっと皆さんには失礼な話しかもしれない。人の心を読める人がいたならば、怒られているかもしれない。最近の私はまず人に話しかけられたときゲーム感覚でその音声を聞いている。以前の私はけっこう悩んで頭の中が煮えそうであったが、気持ちを切り替えてみることにした。相手にどううつっているかは分からないが、自身はけっこう楽になったように思う。どうせ分かるときは分かり、分からないときは悩んでも悩んでも分からないのだ。というわけであまり悩まずゲームと考える。相手の声で誰かみごと正解したら、拍手喝采。外れたり答えにたどりつけなかったら残念…。会話のなかでヒントを見つけたり、聞き出したり、そんな思いで話していると気負いせずに「ごめんなさい、誰か分からないから名前聞かせてください」と口に出せるようになったように思う。「病は気から」とはよくいったものだ。あまり悩まないようにすればどこか軽くなって物事も案外すんなり進んでしまうこともある。よく「笑って過ごせば癌が小さくなる」という話も聞いたことがある。そこから考えてもやはり悩み過ぎず生活する方が、利点が多いのだろう。心の底から笑うこともしばらく忘れていたかもしれない。笑うにはそれなりの余裕が必要である。考えようによってはとても難しいことであるが、思いようによっては実は簡単なことのようにも思える。何かをどうこうしようと苦闘するよりは少しでも笑って過ごせる。余裕をもつことにしよう。
Category: 未分類

『暑がり?寒がり?』

自分でもよくわからない時がある。涼しいような暑いようなちょうどいいような…。今日もデイサービスにいた際感じたことだ。そこでまわりの人に聞いてみた。右隣の人は暑い、左隣の人はちょうどいいという返事。これまた困った。スタッフが全員に向けて聴かれる。やっぱり答えはバラバラ。人それぞれ感じ方は違うし、座る位置によっても違う。空調の当たり具合や風通しの良し悪しにも関係する。個人のその日の体調や着衣の状態にももちろん関係するだろう。大勢の人が集まる場所、複数の人が生活する場所でみんなが快適に過ごすことはなかなか難しい。じっとしていれば寒いし少し動けば暑くなるということもある。難しい。結局私は今日やっぱり涼しいのか暑いのかわからない。デイサービスでは寒いと感じ、一緒に体操をしてちょうどいいと思うようになり、事務所に入った瞬間暑いと感じたものの時間が経てばちょうどいいようなどこかスーっとするような。これはもしかして私に問題あり?!
Category: 未分類

久しぶりの休日

 9月は「運動会」という気分は子どもの頃のなごりでしょうか。雲のない秋空の下,家族揃って大声で応援するというのがなんとなくイメージです。
 今年は雨が続き夏休みの終わりから「晩夏」の雰囲気よりも「梅雨」のような感じでした。珍しく休みがあり、久しぶりに天候も安定気味です。散歩しながら庭を歩きましたが,まだ‘紅い’サルスベリが咲いています。また紫陽花も「ピンク」のタイプが花を付けています。なんとなく季節を間違えそうになります。
 さてこれなら各地での運動会も開催できそうですが,これまで練習ができていませんね。どうぞ雨が降らず子どもたちの声が響きますように。

Category: 未分類

防災の日を迎えて

 雨の日が続きます。「9月の雨」などと情緒に浸る余裕などありません。先日気象庁よりこの「平成25年の夏が異常気象であった」と発表がありました。まあ納得は出来ますが・・・なにしろ41度でしたから。またしても竜巻の報道がありました。数年前のように「TSUNAMI」とか「タツマキ」などと風情を気取るような気分にはなれませんね。被害が少しでも改善されますよう祈ります。
 この山の中で一番被害として想定されますのが「土砂崩れ」でしょうか。雨天が続き地盤がゆるんで突然崩れるという想定です。建物に影響さえなければひとまず命には関係しませんが,建物が崩れるほどとなると非常事態です。従来想定されなかったことが起こりうるのがこの頃ですね。施設ではひとまず3日分の非常食を備えていますが,今後はもっと次元の異なった準備が必要となりそうです。電気のみでなくエネルギー源の振り分け,暖房器具の予備,炊き出しが出来る準備などです。最近の研修では「机上訓練」が流行っています。いろいろな災害を想定して1分ごとに何をするか,何をすべきかといった訓練です。8月の暑い昼間突然「非常災害,地震発生等を知らせるアラート」が鳴り響きました。実は誤報だったのですが,そのとき皆さんはどうされましたか??以外と動けませんよ。
そんなことを考えていたら朝から留守番電話です。「事務所が水浸しです。早く出勤するように!」と非常事態。慌てて出勤してみると天井から雨漏りが・・・それも激しく。屋根に上がると大雨で水が貯まっています。一大事!?
Category: 未分類

東寿園の特養建て替えプロジェクト~建設工事始まる⑨~

 暑い夏を迎えましたが,予定通り8月に入り工事が始まりました。といいましても,まずは工場跡の基礎の掘り起こしです。この作業が8月一杯の予定です。その上で,9月以降で本格的に建設に入る予定です。また工事と平行して定例ミーティングを毎月単位と隔週と開催して進捗状況を施行業者と設計士,施主との間を拓いて確認のため定例ミーティングを行います。
 まず一番に設置されたのが工事現場事務所です。それが今までイメージしてきたものより数段素敵な青が基調の2階建ての建物です。どうも新築のリース物件のようです。一説には地域の方より「もう1棟出来ましたね。この調子だと早いですね・・・」というきょとんとするような不思議なお話があったようです。それ事務所ですからお間違いなく!!
 お盆明けもあけて夏の終わりの8月29日,これからの建設工事に向けて「起工式」が神式で行われました。朝から曇り空に雨の天気予報。少し雨が落ちどうなるものかと心配されましたがいつしか無事止んでいます。広い敷地の真ん中,予定では管理棟あたりに仮設テントが整えられています。地元神主さんによるお祓いも本来は四方で行うようですが,なにしろ広いので。どうなるものか??と興味を持っていましたが,この夏の暑さですし,速やかな進行を考えると簡略化するしかありません。涼しいメッシュタイプのテントの中の前方四方で行われました。静かに手を合わせること約30分。厳かに起工式が行われました。
 終わってテントから出て見上げると南から北側へ川の流れを坂上るように一陣の風が吹き抜けました。少し蒸し暑い夏の終わりのひとときです。どうか無事工事が進みますように。
Category: 未分類

東寿園の特養建て替えプロジェクト~施工業者の選定作業⑧~

 さて,ここまで費やした時間は約1年半以上,構想コンセプト作りから基本設計までかなりの時間を費やしました。いい加減建設に入らないといけません。実は当初の予定では平成26年4月移転開所をめざしていました。ところが設計にも時間がかかりました。なにしろワーキングで議論を重ねるわけですから・・・実際私たちには「時間」があったわけですが・・・それでも限度があります。ということでどうもこのままでいくと時間が不足するということになりました。そこでどうしようかと協議した結果,思い切って3ヶ月開所を遅らすプランに変更してみました。つまり平成26年7月開所です。建設の時間等考えると仕方がなさそうです。
またもう一つ大きく気になることはやはり好き放題なプランに設計士の提案も加わってきたので当然ながらプランが膨らんでいます。はたして予算通りに建設できるのかというのが最大の疑問となりました。また昨今は呉市役所の入札やすぐ目の前の「神石高原中学校」建設工事においても第1回の入札が不調に終わるなど,景気の良い話が聞かれません。ましてやこの20年で建設業者は激減しました。ですから規模も縮減し人夫が足りないと聞きます。そんなところへ来て東日本大震災の復興事業で多くの人が東日本へ行っていると聞いています。果たして施工業者がいるのかという疑心暗鬼になってしまいます。
協議の結果,数社指名しました。そして各社に設計内容の説明をして見積もってもらうことになりました。本来はこれでほぼ決まるわけですが・・・そう簡単にはいきません。その見積もりの結果は予定額から考えると遠く離れています。‘やはり~’という絶望感が生まれます。しかしながら設計士は予想通りのようで,そこから減額内容を提案し直して,また新たな提案も受け入れて再見積もりして約2ヶ月かかりながら希望金額に近づきました。その上でさらに調整を加え,施工業者が戸田建設株式会社広島支店に決定しました。
これまでお付き合いのない建設会社ですが,世間ではご存じの大手であります。どうぞ無事工事が進み素晴らしい施設が完成するようにお願いします。
Category: 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。