FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風の街みやびら建設プロジェクト~移転スケジュール⑮~

 さて開所に向けた準備を進めていきますと多くの難題にぶつかります。その中でも現実的なのが移動です。簡単に移れば良い程度に考えていましたが,これがどうして大問題です。どんな問題があるかと考えると以下のようになります。
 ●まず虚弱な利用者が移るには時間と労力がかかります。介護度の高い利用者の場合,たかだか通院でも大変です。
 ●またユニットごとに開所するのか,グループごとに移るのか。つまり中途半端な移動ではひとときでも両方の施設に夜勤を含め職員配置が必要となります。
 ●また移動では大きな荷物であるベッド,特に電動ベッドをどうやって運ぶのかです。解体することが出来ても一日に10台運ぶことは結構な労力です。
 ●さらに居室割りです。実は眺めが大きく居室で異なります。料金設定を変えるには非常に難しいことなので,この部屋割りを誰が決めるのか大きな問題です。
 ●はたまた追加入所の方はどのタイミングで入所するのか。決めておかないといけません。
 ●その場合,入所が優先か,短期入所生活介護つまりショートステイ利用者が優先なのか。議論が必要です。
 ●困ったことに移動により正確には料金体系が変わります。従来型からユニット型です。どの段階で切り替わるのか。
 考え出すときりがありません。どう考えても備品の搬入も含め緻密なタイムスケジュールが必要なこととなりました。
スポンサーサイト
Category: 未分類

女子大学訪問

 少し寒さがとうとうやってきたある平日,A女子大学を訪問しました。少しずつ大学を回り今後の人材確保に役立てたいという気持ちです。正門で届け出てゲートを入りました。広島とはいえ寒さを感じる朝です。徒歩で目的の棟に向かいました。学食があります。「朝食あります」のポスターに‘やはり大学だ’という実感があります。少し安心して「そういえばトイレ行きたいね」と口にすると,同行の出身OG職員さんが「そうですね。でもあれっええと・・・」となってしまいました。理解できず横を歩く彼女を見ると「あの・・・ここ女子大ですから・・・男子トイレあったかな??」との言葉!!
 そうなんです。ここは女子大学でした。「でも男性の先生や職員さんいるはずだから・・・」と力弱く答えました。たしかにありました。男性トイレ。でも圧倒的な位置を占める女子トイレの端に。それも暗い場所に追いやられ。スイッチつけると照明がつきます。男性用1カ所だけという感じ。トイレはともかくもさすがにきれいな大学でした。
Category: 未分類

「いい話」

これは私にとってのいい話。どこの誰かは知らないけれど私はすごくいい人に出会いました。先日子どもを病院へ連れて行った日の出来事。右手に白杖、左に子どもを抱えて受付に。「次の人どうぞ」と少し離れたところから呼ぶ声、見えない私は誰を呼んでいるのかわからないけれど何度も呼ぶ声に私が呼ばれているのだとやっと気づく。ちょっとマイナス気分。続いて行った窓口で、体温計を渡されるのをなんとか手さぐりで受け取る。続いて受けた言葉が「あとそこの問診票書いてくださいね」…そこってどこ、どうやって書く…これまではたいてい「問診票あとで聞きに行くね」と言ってもらえていたのでかなりのショック。まあ白杖持ってても気づかない人はいるし…、どうせ体温計の数値も見てもらわないといけないんだからと気持ちを落ち着ける。だがこの日はやけに人が多く空いてる席もわからない。窓口前で耳に集中する私。その時杖を持つ手をそっとつかむ手。とても優しい感触、そして「ここが空いてますよ」という優しい声と導く手。その自然な行動と声に私はすごく救われて暖かい気持ちに。それまでのマイナス気分もすっかりかき消されるあったかいものをもらった。どこの誰かはしらない人、もちろん病気の子どもを連れておられた人、それでも自然に向けられた私への優しさ。すごく素敵な人でした。そういう人、気づける人になりたいもの。
Category: 未分類

東寿園の特養→「風の街みやびら」建設プロジェクト~スケジュールもろもろ⑭~

 今回から名称も「風の街みやびら」と変更します。建設工事は進んでいますので木組みの全容が見えています。毎月2回程度「施主」「設計」「施工」の三者による定例ミーティングを開催し,進捗状況の確認と協議事項を詰めています。何かと協議すべきことは多いのですが・・・
 このミーティングとは別に法人内での「開所準備ミーティング」も同じペースで行っています。定例ミーティングで出された課題への対応や備品の選択なども行っています。主な課題は次の通り
 ○備品の選択
 ○料金設定
 ○研修の進め方
 ○移転スケジュール
 等です。
移転建て替えであって新たな開所ではありませんから本来備品は多くないはずですが,壊れている物,対応できない物,新たに追加する物など考えるときりがありません。そこにもってきて大きな課題として移転方法があります。たとえばベッドの移動,利用者の移動,まだ移動期間の対応など考えると詰めていくべき課題です。そして,実際のお世話する側であるスタッフの研修も重要です。ハードが変わることは対応も有効な動きが出来るように考えておく必要があります。今後このあたりを紹介しながら考えていきたいと思います。

Category: 未分類

お昼から雪が・・・

 やはり寒くなりました。天候は悪くないのですが,曇りがちです。そんな中何気なく外を見ていたら雨から何となく転がるようにアラレが降っています。「ああ雪が・・・」思わずため息が。その後少しやみましたが,夜の会議がありました。終わって8時過ぎに外に出ると雪が舞っています。初雪です。報道では熊本県阿蘇山でも積雪があったようです。いよいよ冬です。翌日が出張ですので慌ててタイヤ交換をお願いしました。今シーズン最高の冷え込みが予想されます。なんとなく天気予報を見たら広島県北部は雪がちらつく予想です。長い冬が始まりました。

Category: 未分類

就職率64.3%

 大学生の就職率が3年連続上昇しているという。10月1日現在で64.3.%とのこと。最終的には90%以上が就職することになるのでしょうが,まだまだリーマンショック以前には戻らないようです。私たちも多くの人たちを迎えたいと毎年獲得に取り組んでいます。これまでやってきたことは○集団職場説明会に出向いて学生と話す ○積極的に実習生を受け入れる ○住宅等斡旋して住んでもらう ○施設見学ではすべての事業所を案内する などでした。介護現場の人気が低いことも影響してか充分に選択できるほど人は集まりません。その上,基本的に学生は数が減少しています。10年前は福山地区での説明会でも200名近くが集まっていたように覚えています。最近は20名程度といった寂しい限りです。そこで職場説明会には相手をする説明者を選んで参加するようになりました。少しでも学生に近い職員が声をかけるように取り組みました。その結果,確かに多くの人がブースに来てくれましたが,就職となると少しシビアです。あらたに○学生向けのパンフレットを編集する ○案内用パワーポイント資料を作成する ○大学を廻るなど取り組んでいます。
 実は新しい建物の中に入る「研修センター」も養成カリキュラムを用意するという方向で調整しているわけです。難しい時代に入りました。

Category: 未分類

東寿園の特養建て替えプロジェクト~そうでした託児所も⑬~

 ぐっと冷え込んできました。そうです。11月も半ばです。雪がちらついても不思議ではありません。国道314号線を走ると東寿園の反対側,川を挟んで山際に建設中の施設が見えます。この数日で骨組みが明らかに目立つほど見えてきました。ほぼ作成して持ち込むわけですから早いはずです。実際は内装に時間がかかりますが・・・
 さて先日「託児所」について協議がありました。これまでユニットの作りについては多くの時間を割いて話しましたが「託児所」はいつか・・・と思いながら進んでいませんでした。現在託児所は施設横の「デイサービスえがお」の古民家の奥にプレハブで軒が続いています。毎日数名から10名近くの職員さんたちの子どもたちが利用しています。法人の職員であれば1日\500で何人でも利用できる格安の施設です。あくまでも法人所属が条件です。お忘れ無く。高齢者と子どもを隣り合わせで利用してもらうことにより,相乗効果を狙ったわけです。このたびの移転でもともに動きます。ショート専用ユニット棟の端に2階建てで建設されます。1階が「風の街みやびらデイサービスえがお」,2階が「風の街みやびら託児所」となります。玄関が一緒で階段で上がります。木造です。当然分かれていますが2階から下が見え,下からも気配を感じるというこれまでも同じ効果を狙います。担当保育職員さんを交えて話を聞いていると,やはりリスク管理が重要です。落ちない,ものを投げない,こぼしても汚れない,収納したい等・・・なるほど聞いてみるものです。そうしてみると「託児所」を忘れていたのかもしれません。少し変則な形の部屋ですが,結構楽しそうな部屋です。多くの子どもたちが喜んで通ってくれることを楽しみにしたいと思います。
Category: 未分類

みのもんたが朝から消えて・・・

 毎朝の顔であったみのもんたが報道から姿を消しました。その昔は覚えている方があるかどうかわかりませんが,一世を風靡した‘プロ野球ニュース’の珍プレー好プレーVRのMCをやっていた人です。上手かったのですがなんとなく嫌らしい雰囲気で好きではありませんでした。いつしか朝の顔になり毎日見ながら仕事出かけてきました。もともと余り関心が無かったのですが,特に土曜日の朝番組では「消えた年金問題」「介護問題」「教育」なども扱い鋭い切れ味で切り込んでいました。年金などは大いに影響力がありました。報道の力を見せつけられた思いです。また犯罪では時に「親は・・・」とか心情に訴える場面さえあったように思います。それだけに今回の息子の不祥事は堪えたと思います。いつかの記者会見は見るこちら側も非常につらかったです。テレビは約20分コメントなしで流していた局もありました。VTR終了後のコメンテーターの何も言わないこと。どの局もあまり話しませんでした。あの「報道ステーション」もです。なんとも同じ世界に生きる人たちにはコメント出来なかったのでしょうか。ずっと昔,芸能レポーターであった梨本勝という人がありましたが,あまりにしつこく芸能人のゴシップを追うので,あるとき「もしあなたのご家族に事件が起きたら,レポーターとして取材できますか?」と意地悪な質問をされていました。すでに彼は芸能人並みに顔が売れていましたから,明らかに取材対象です。梨本勝は「苦しけれど取材しないといけませんね」とか答えていました。みのもんたは「息子が失ったものは余りにも大きい。どう立ち直っていくのか見守りたい」と話していました。報道に生きながら人の親でもあります。つらい仕事となりました。
Category: 未分類

東寿園の特養建て替えプロジェクト~仮称から新しい施設名称⑫~

 その後失礼していますが,東寿園建替プロジェクトのその後です。すでに現在最初のユニット棟の骨組みも終わり徐々に屋根に近づいていく予定です。
 さて,施設名称ですが決定しました。法人内職員に募集しましたところ,ありがたいことに33候補,また各ユニット名についても27候補いただきました。10月24日職員主催の交流事業の際,発表されました。
 施設名『風の街みやびら』 ユニット名「1丁目・2丁目・3丁目・・・9丁目・10丁目」施設名については総称ですので,「風の街みやびら特別養護老人ホーム」とか「風の街みやびら託児所」などと呼ぶことになります。広い敷地に立つと季節により緩やかだったり,吹き付けたり,たおやかであるなど風が違います。遮へい無くそのまま風を受ける土地です。ユニット名については「風の街みやびら3丁目5番地○○様」でお手紙などが届くことになります。また順番が覚えやすいという特徴もあります。ましてや「街」ですから番地まであると雰囲気が出ます。
 ということで施設名称が決定しました。まもなく近くに張り出されているポスターも仮称から正式名称に変わることになると思います。一つずつ物事が決まっていく感じがしますね。建物の屋根が少し低めになっているので,遠くから見るとおそらく町並みに見えるかもしれないと期待しています。

Category: 未分類

『気持ちコントロール』

この前から笑って過ごす。いいことを想像して、なんてことをよく書いている。ケアマネ時代もポジティブプランと考えて仕事してきた。が、これがなかなか難しい。すぐ躓き、落ち込み、悩み…そしてもやもやイライラ。本当にこれぞ悪循環。これを改善しようとまさに「気持ちコントロール」を試みてみる。しかしなかなかで、自分はいったいいつからこんなにマイナス思考になってしまったのかとあきれてしまう。なんとかこの気持ちから抜け出そうと思い立ったのにはある言葉との出会いがある。先日読んだ本に出てきた言葉「他人と過去は変えられないが自分と未来は変えられる」というもの。後悔を繰り返す毎日を悩んでいるよりは、明日後悔しない方法をかんがえてみようというように思えるようになってきた。それを実践するまでにはまだまだ時間がかかりそうであるが、まずはいい方向への第一歩と自分を褒めてやることにする。こういう気持ちコントロールの積み重ねで自分も未来もきっと変えられると信じて。
いい方向に考えられるようトレーニングしていけば、感じるストレスも溜まるストレスも減っていくに違いない。一つストレスが減ればきっと楽になり違う面にもいい影響を与えるはず。またいつか変えられた未来を報告します!!
Category: 未分類

「あったかいもの」

いい天気だけど冷えもひどくて、寒さを感じる時にはあったかいことを考えよう。
午前中事務所前からデイサービスへの廊下はまぶしいほどの日がさしこむ。寒さを感じるようになったこの季節でも日が差し込むこんな日はぽかぽか暖かい。もしも自分がならばその暖かい空間でごろにゃんと体を丸めたりごろごろ寝返ったりと,きっと日向ぼっこを満喫するだろう。太陽が動き浴室前の廊下がぽかぽかになる。そのぽかぽかの空間で甘い香りを漂わせるパイナップルの記憶がある。昼食にパイナップルがあったある日。り落とされたそのへたを鉢植えに。寒い間は浴室で暖かい時には日向に…小さいながらもすくすく育ち小さいながらも実をつけた。そのうちに暖かい空気に乗って甘い香りも届くように。ちょっと南国気分?!何度か実をつけた数年のうち一度だけ私の口にも入るチャンスが。小さいながらも果汁たっぷり甘かった。もう10年ほど前の出来事。
太陽の光が暖かそうでついつい窓越しのその暖かそうな空間に誘われそうになる。でもパソコンを目の前に冷えと格闘の身、数メートル先のそのぬくもりを横目に…
Category: 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。