FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

捜しものはどこですか?

 私たちの事務所内はわりと綺麗に片付いている。少し自慢は仕事が終わり帰るとき,各机の上に書類はほぼない。つまり積み上げているような書類は存在しない。あるのは机の上の連絡用メモ用紙ばかり。しかしながら数日休んだり出張が続くと,さすがに未処理の文書が増える。出勤時,机と書庫等を解鍵し,パソコンを立ち上げる。そして退勤時,施錠してパソコンを休ませる。さあ帰ろうとしていつものように施錠しようとしたところ,鍵がない!!束になっている鍵のリングが見あたらない。これは異なことだ!
 そこから鍵探し・・・1時間。自分の1日の行動を振り返り,移動した場所や動かした書類を想い出す。机の周りと書類の山をかき分け,移動した場所を探し回る。ゴミ箱,車の中,会議室,トイレ等。施設内を巡回→提出書類作り→検食→来客→修理業者の作業確認→来客→事務仕事→研修会場作り一部手伝い→トイレ掃除→会議・・・足跡を追うように探すが見あたらない。そこで再び書類の中探し。予想として開いたファイルの間に挟み込んだ可能性ありか?それがまた悪いことに開いたファイルが30冊以上あり。なかなか見つからない。それでも修理業者探しのため,めったに開かない過去の建築関係の分厚いファイルを再確認へ。「チャリン!」とわずかな音。ありました!本当にファイルに挟まって・・・お騒がせしました。皆さん捜しものしますか?そのたびにもっとわかるようにしておかないと反省しきりですが・・・
スポンサーサイト
Category: 未分類

風の街みやびら建設プロジェクト~ユニットケア管理者研修⑱~

 これまでハード部分特に建物を中心にプロジェクトの話を進めてきましたが,重要なのは造るだけでなく,その後継続して運営していくことが大事です。つまり建物は1年以内に出来ても,運営はその後30年以上使用し続けます。ですからなおさら建物にはこだわる理由がありますが・・・それ以上に上手な運営をすることが求められます。その一つに「ユニットリーダー研修」が位置づけられています。ユニットの数だけその研修修了者の配置が義務づけれています。これにより「ユニットケア」として請求報酬が可能となります。またこの講習会のほかにも開所には「管理者研修」もあります。どんなに質の良いサービスを学んでもその学びを生かせないと意味がありません。それは伝える能力も必要ですが,生かす管理者の存在も重要です。
 実はこの研修に先立ってテキストとして使用されている一冊がありました。このテキストには「ユニットケア」のノウハウが詰まっています。ソフト的には「朝食の提供方法」「プラン作成」と「記録との連動」。少しずつ説明してゆきたいと考えますが,このテキストにはやはりハード部分についての言及も多くあります。「居室」「入浴」「キッチン」「床」等こだわりがあります。今のところ答え合わせのような読み方をしましたが,非常に検討できていると自負しています。
 しかし,この研修に集まった方たちは「現在もう開所して運営している」または「今年開所する」といった状況の方ばかりです。やはり設計前に研修参加させるべきと思いますが,なかなか需要と供給のバランスが悪いんでしょうね。
 
Category: 未分類

食べ物あれこれ

いつしか大寒を過ぎました。やはり少し寒さが違います。お正月には雑煮におせち、7日には七草粥、15日は小正月であずき粥…、シルトピア油木のお昼の献立で「そういえば今日は…」と季節感を気づかされることが多いですね。1年を通せばまだまだたくさんその日その季節にちなんだ食べ物がたくさんある。食べることが楽しみな私にとって楽しみではあるがなかなかそういうことに関しては知らないこと、忘れることが多い。それぞれ食べることにはちゃんと「云われ」というものがあるのだが,わかってないことも多い。古くから言い伝えられてきたことを次の世代の子どもたちに伝えるどころか自分の頭に入っていないのであった。逆に教わることも(苦笑)おいしくいただくのは得意、覚えるのと作るのは苦手だけれど。次は何の日がくる?節分だっけ?
Category: 未分類

787??

 少し早めに空港について端っこの入口から入り予定のゲート前でゆっくり座りテレビのニュースを見ながら本を読みながら待っていた。すると放送が「全日空○○便広島行きをお待ちのお客様にお願い申し上げます。使用機の変更で搭乗口が変更になります。●●番搭乗口から○○番搭乗口に変更になります。ご迷惑をおかけしますがご移動をお願い申し上げます」えっえっ私たちのこと??ということで訳もわからず移動ということになりました。さて出発30分前の移動です。ゆっくり荷物を持ち民族大移動。となりましたが,ところがところが歩いても歩いても目的搭乗口に近づきません。歩くこと数百メートルなんとかたどり着きましたが端っこから端っこです。なぜなぜ??と思いながら15分遅れで乗り込みました。「本日は予定機ボーイング787が不具合で777に変更になりましたことをまずはお詫び申し上げます・・・」と。
 そういえば広島から搭乗したときは確か787!!だったな。乗ってきれいで少し広めなのであれっと思っていましたが,それは787でした。大きめの荷物を持ち込みましたが確かに収まりました。また動き始めたら静かでしたね。これが噂の787!!とは思いましたが,やはりトラブルか??
 そう思いながら無事広島空港に着陸しました。

Category: 未分類

「今年こそ」

「一年の計は元旦にあり」と言ってもいつもあまり計画性がなかったり、計画しても計画倒れに終わったりという繰り返し。だから今年こそ!…宣言しておけば達成できるはずと思いついたのだけれど、なかなか目標も計画もたてられない。やりたいことはたくさんあるのに、でもそんなあれもこれもじゃ計画倒れが目に見えてるし。考えて考えて…強調文考えているとたいてい行き着く結果が「ほかの人はみんなどうなんだろう」そうちょっと人を意識しすぎなのかもしれない。何もかも人と同じようにできるわけはないけれど最低限同レベルに達していたいと感じてしまう。人並みに○○できて…その人並みっていうのがはっきりしないけど。得意不得意は誰にでもある、でも人が○○して良かったとか○○へ行って良かったと聞けばうらやましく、それができないとおちこんでしまう。そう感じることが誰にでもあることなのか、私がきにしすぎなのか…とすでにここでも人を意識している。だからそう、今年こそ、今年こそ「自分はじぶん、」という感じでいこうかな。と宣言した先から人の意見を気にしてたりして…。
ホームに暮らす皆さんは個人の場所があるとはいえ集団生活。「自分は自分」と思っていられない場面も多いことだろう。尊敬する。
Category: 未分類

気持ちの良いコミュニケーション

 夕方少し時間が出来たので帰りに街角にあるビルの1Fのチェーンのコーヒー店によった。入って驚いたのは席が少ないこと。チェーンにしては狭い。「いらっしゃいませ!」と元気の良い女性の声に迎えられた。気持ちがよい。席にはみな男性サラリーマン風の人が一人ひとりPCを目の前になにやら仕事??に取り組んでいる。私も負けじと手持ちのパソコンに向かい仕事を始める。
静かに座って休んでいるとお客がやって来る。70歳くらいの男性が入ってくる。「いらっしゃいませ!・・・いつものものでよいですか?」「よろしく」と会話しながら座る常連客。店を出るときも「これからどちらへ?今日は寒いですね」「風が冷たいね」「いってらっしゃいませ!」のやりとり。気持ちよい挨拶は元気が出ますね。「いってらっしゃいませ!」とホテルへ帰る道すがらの私も送り出された。
Category: 未分類

古いホテル

 そのホテルは丘の上にあった。その昔は垢抜けたおしゃれなホテルとしてあこがれのホテルだった。大きなターミナル駅から歩いて約10分。近いと言えば近いが少し歩くのがおっくうな人はタクシーを拾う。歩くのが苦でない私は徒歩でその坂道を登ることを決めるが,冷え込みも厳しく寒風が吹き結構顔が冷たい。今風でない広い敷地にそのホテルは低く見えてきた。やはりよく見ると建物のあちこちが老朽化しているように見受けるが,そこは古いホテル広いフロントには風格さえある。少し早めにチェックインしてフロントを抜けると奥に喫茶がありその外には広い日本庭園がある。その喫茶で談笑している人の中に着物姿が見える??そうか今日は「成人の日」だったんだと気づく。部屋から見る景色は少し場違いの感じもする敷地。ホテルの敷地を出ると周りはビルばかり。
 身支度して街中に出ると,確かに着物姿の女性がいますね。街中は田舎の8月と違い1月の成人式ですね。未来ある人たちに幸あれ!
Category: 未分類

悲しいお知らせ

その悲報は突然届いた。悲報というものはそういう性質のものらしい。なにやら右半身がこたつに潜り込んでいるのに寒い。外側は左側なのでどうもおかしいと想いながら,マヒでも来ているのかと想いながら過ごした。少し雪の舞う寒い正月明けの夜に届いた。電話でその訃報を聞き,耳を疑いながら呆然と目の前にある年末のお便りを眺めた。少し乱れた文字ながらいつもの少しマイナス口調で書かれていた。まもなく逢いに訪れる予定だったのに・・・
昨年大学の後輩の家を訪れた。亡くなった奥様に手を合わせるために。若くして亡くなった。そう最後に逢ってから何年が経っていただろう。その後輩は言った。「忙しいと思っていたらいつか最期になります。逢えるときに逢っておかないと・・・」
身近でいろいろな悲しい事件が起こります。26年がどうなるのか心配です。穏やかな1年になりますように願ってやみません。
またあらためてご冥福をお祈り申し上げます。

Category: 未分類

「再挑戦」

10年ほど前に挫折していたことがある。「点字」である。漢字は読めても書けないというものがよくあるが、点字は書けても読めない。いくら触っても読めない。それですっかりあきらめて10年。それを今また再挑戦中。きっかけはやはりTさんとの出会い。Tさんが私に言いました。「やろう、やらなくてはと力を入れなくていいんじゃないかな。でも音声でパソコンが使えて、見える人にさらっと字でメモが書けてそれで点字もできたら強いよね。最初は読むと思わずにいつもさわるようにしてたら、いつの間にかハッとわかる時がくるかも」なんて感じに、まるでお店で服を選ぶときみたいに「こっちもいいけどこっちも…ちょっと試しにいろいろ試着してみたら?」というような感覚。それであまり気負いせずに触ってみることに。
点の配列は頭にあるのだけれど、なかなか指先で点の配列が確実にわからない、それでどんどん肩に力が入りそれで行き詰ってあきらめる。これが前のパターン。今回はそうなる前に気分は軽く軽くで・・・。ちなみに行き詰ったときは子どもたちと点でできている触る迷路を楽しむ。点をたどっていくだけのもので点と触れ合うにはなかなかいいではないか。指先と頭を使えてこれは認知症予防にもなるかも?!
Category: 未分類

風の街みやびら建設プロジェクト~ユニットリーダー等研修スタート⑰~

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。新年のご挨拶が遅れ失礼しました。
今年もプロジェクト内容を継続してお届けいたします。
 さて,建物は出来るでしょうが,運営を考えると人的側面からも補強していく必要があります。ユニット型特養には各ユニットに「ユニットリーダー」の配置が決められています。どのユニットにも1名以上「ユニットリーダー研修」修了者が本来必要です。東京で開催される研修に10万円受講費と旅費を費やして参加します。現在法人には約10名の受講修了者が存在します。この人たちを中心にユニットが運営されていくことになります。またこのユニットは2ユニットに1名の夜勤対応となります。つまり毎日20名の人たちを夜勤職員はお世話します。そのため多くの施設は3交替制を採用して,ほぼ21時から朝の6時までの夜勤を行っています。当然ながらこの時間ですから多くの業務はありません。利用者には静かに寝てもらうことが主な仕事です。ですから配置上は夜勤等2つのユニットの協力関係が必要ですから,まとめ役として係長を配置する予定です。
それから実際どのような方針でどの方向で進んでいくのかは大きな課題です。そこで係長とこのユニットリーダーほぼ15名から20名による運営研修が必要となりました。12月23日より7回シリーズで始まりました。東寿園地域交流スペースに精鋭の約15名以上が集まりまず施設概要からの説明です。その後DVDを観賞し,最後に次回参加からの課題が提示されました。ここまで理想を掲げて協議を重ねて建設にこぎ着けたのです。今度は運営にこだわって向こう30年間は維持管理と成長していくことが期待されます。実り多い研修になることを期待します。
Category: 未分類

「運動不足」

デイサービスではいつも一緒に体操をさせていただく。意識して時間をさいて体を動かすのは家ではなかなか難しい。いや、難しいわけではなく’できない’から、‘していない’というだけのこと。デイサービス利用者の中には家用に「セラバンド」を購入して同じメニューをこなしていると話される方もある。デイサービス内での体操でもそんな方は掛け声が違う。声も大きくハリがあるとでもいうのだろうか。ただただ感心するばかり。見習えば…なわけではありますが。そこまでの自信がない私は密かに?!デイサービスでの体操に真剣に取り組むのであった。まるで運動不足を象徴するかのごとくいろいろな部分がだるくなる。日頃の生活では使わないところが多くあるんだなぁと実感。今日は「ボールのくり」もした。家では見えないからと避けて通るボール遊び。デイサービスでは逃げるすべもなく…今日のところはまあ両隣りの利用者に助けられて、その時は無事経過したのであった。手の不自由な人、足の不自由な人、耳の聞こえにくい人さまざまな人があるにもかかわらず、みんな参加されている。私も見習わないと。そう、この運動不足のまま時を過ごせば現利用者のみなさんの年齢に達したころには自分がどんな生活をどんな体で過ごしているか…。なにか恐怖を感じてしまう。
Category: 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。