スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『出会い』

自分から話をすることがとても苦手だ。世間話でも相談でも何にしても苦手、一つ話を向けられればそれに関していくらでも話せる。利用者の代わりに関係個所に相談したり依頼したりもできる。それなのに自分のこととなると別になる。思うことの半分も伝えられないし。利用者のみなさんはちゃんと思いを伝えられているのだろうか。逆にちゃんと職員として聞き出してあげられているのだろうか。
人には合う合わないがあると思う。つまりなんでも話せる人とそうでない人がある。このようないい出会いができるとできないとでは生活に大きな違いがうまれると思う。と思うのは今の私にとってそのいい出会いがあったと感じているから。初めての出会い、たった一度ほんの数時間話しただけ、というその人。どんどん聞きたいことがあり、話すと気分が軽くなり、あっという間に時間が過ぎ、久しぶりに何か意欲を感じられるような余韻が残っている。嫌な顔一つせず相手をしてもらえ、私の想いを受け止めた上で必要なことははっきり切り出す、そんな感じ。人の表情も見えない私であるがその人が嫌な顔を一瞬でも見せたようには感じなかった。そこが好印象の決めてなのかもしれない。仕事だから話を聞くというのではなく仕事ではあるけれどあなたの話を聞くよと言われているようであった。それはすごいことだと思う。自分がそうなることができるだろうか。そうなりたいとは思うけれど…。
スポンサーサイト
Category: 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。