スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

話てこそわかる


人には誰しも人に言いたくないことがある。

話してみないとわからないこともたくさんある。



今朝ある脳梗塞後遺症で片麻痺の方が話されたこと。

「ある人から麻痺側の手は触っても痛くもかゆくもないんだろうと言われたけど、全部わかるよと答えたらすごく驚かれた」というもの。


・・・・・・・・・確かに感覚が鈍くなりそれらがわからないという方もおられるが同じ病気ですべての人が同じ症状とはならない。

風邪をひいても39度の発熱の人があれば37度の人もいる。高熱の人の方が重症でよりしんどいとは限らないはず。平熱も違えば体力や他の症状など違いがたくさんあるはずだからである。



自分の決めたラインで判断するのではなくその方のラインを見つけるには話してみることが大切と思う。私自身自分がいったい何ができて何ができないのかまだわからない所もある。


人と話していて自分のそれらに気付くことができたことも多い。相手を知ろうとして自分を知ることもあるわけだ。
スポンサーサイト
Category: 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。