スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『6丁目の集いに行ってみた』

7月8日(土)に風の街みやびらの6丁目の集いに参加しました。

これは毎月1回程度、障がいを抱えながら仕事していたり,学校に通う人たちの集いを任意で開催されているものです。
みやびらで通常は存在しない6丁目が毎月1回開催されます。

なかなか訪れる機会がなく今回初めて高原施設長の案内ですべての建物を見学することができました。すっかり迷子になりそうな気分ではありましたが何丁目に入ってもゆったりとくつろげるような、穏やかな時間が過ぎるというような印象でした。さすがに?!託児所は子ども達のにぎやかな声があふれていました。


 風の街探検を終えて戻ると6丁目の集いはすっかり進行しているようで、会場へ近づくにつれたこ焼きのいい香りがします

他の参加者の皆さんが一生懸命調理中でした。
私もサラダ用のゆで卵の殻むきを担当させてもらい、一応ちゃんと参加することができました。

その後は昼食までの間、高原施設長を中心に勉強会です。自己紹介の後、夏休みの思い出話をしました。年齢が幅広いらしくそれぞれの年代、時代がうかがえる面白い話が聞かれました。この夏をどんな風に過ごそうかと楽しい気分になりました。スタッフを中心にみんな参加して出来上がったランチはみんなでおしゃべりしながらいただき、おいしかったです。次はみやびら祭りでたこ焼き出店予定だそうです。「がんばろう!エイエイオー」と元気な掛け声に笑いも混じって閉会となりました。

今回初めての参加だったので『行ってみた』という心境でしたが今後『行った』→『行くぞ』→『続いてきた』→『待ち遠しい』→『こんなことしたい』→→→と前進したいなぁと思います。

新たな場所、新たな会、新たな人との出会い…なんでも勉強です。
スポンサーサイト
Category: 未分類

新たな一歩

 7月1日(土)に風の街みやびらで開催された

平成29年度第3回職場定着交流会に参加しました。

私は午後からの参加だったので同じく参加されていたケアホームの方に聞くと、

午前中は高原施設長の挨拶に始まり、お楽しみ料理会があったそうです。
ちなみに、自分はじゃがいもの皮むきを担当されたとか。

そして出来上がるとみんなで昼食会。

「そりゃあ世界一おいしいに決まっとるわ」と聞いて少し羨ましかったり…。 

午後からは、庄原市社会福祉協議会の福祉活動専門員三上千紘さんによる>『安心して暮らすためのお話』という勉強会でした。

自身の活動を中心に社会福祉協議会の役割や取組を事例を交えて話されました。

私の住所地は庄原市ではないので多少の違いはあると思いますがとても力になる話でした。
というのは話の中にもあったのですが「どこに相談したらいいのかわからない」という相談例です。

まさに私がその状況でした。
相談先として思い当たる所はシルトピアに勤務していることもあり浮かばないことはないのですが、果たして…と躊躇してしまうのです。

介護支援専門員として働いていた頃の私ならば利用者の方とのそういった話や橋渡しを実際に行っていたのです。

それがしかし自分のこととなるとすっかり足はすくみ気持ちは後ろ向きとなっていくのです。今回、会に参加して
「こんなに一緒に動いてくれる人がいる」
「同じ不安や悩みを抱えている人がいる」
「これだけがんばっている人がいる」
「こんな仕事に挑戦している人がいる」
「次のステップを目指している人がいる」

これまでもわかっていることではあったけれどその輪の中で実感、実体験、再認識できたことはまた新たな一歩と思えました。自ら大勢の中に入ったり話を持ちかけることが苦手な今の私にとって肩の力が抜ける時間となりました。

次の新たな一歩は、みやびら6丁目の集い(たこやき作りを通じて交流の輪を広げることを目的としている活動で現在はランチ作りにも挑戦中だそう)です。

緊張と不安は付きまといますが、今回のように力がつき、バリアとなっている情報収集が少しでもできるといいなぁとヘルパーさんの力を借りていってきます!
Category: 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。