FC2ブログ

淡親会の取り組み

 昨日は法人職員の会「淡親会」の研修旅行について少し説明しました。今年もコースが発表されましたが,どのようにコースが決められ,メンバーが確定するかお話しします。
 春先約10名の役員が各事業所から選ばれて1年間活動します。基本は会員の福利厚生ですので,どんな企画でも有意義であれば問題ありません。およそ予想される日程を示します。
 
  4月     総会・理事長による職員研修
  6~12月 研修旅行
  9~11月 会員交流親睦事業
  12月    忘年会
  1~2月   記念講演会

 ざっとこんな感じですが,互選による会長の意向で大きく異なります。これまでの経験で自分が参加したことのある研修旅行をご紹介します。
  ①焼き肉と宮廷料理,買い物並びにロッテーワールドを楽しむソウル3日間
  ②買い物とナイトサファリへ行くシンガポール3日間
  ③広島から行って少し遊んで帰った上海3日間
  ④日本の最果て石垣島・西表島3日間
  ⑤沖縄でライブを楽しむ3日間
  ⑥宮崎シーガイヤ3日間
  ⑦淡路島と高知への2日間
  ⑧ホテル浦島と熊野古道2日間
  ⑨東京四季劇場と鎌倉の旅2日間
  ⑩北海道富良野と十勝の旅3日間
 などでしょうか?当然日帰りや不参加のこともありました。毎月積み立てる2,000円と法人からの助成金さらには本人負担で実施します。
 なおメンバーは現在では決定まで発表されません。ですから全く親しくない人たちと旅するおもしろさが醍醐味です。ちなみに過去には自分以外独身者の若い人ばかりで,定時制高校の修学旅行一団と間違えられたこともあります。
 
 さて,他の取り組みですが,親睦会ではバレーボールや綱引き,運動会,バーベキューなどありました。また忘年会ではホテル等の場所を借りて実施していましたが,昨年度から人数が多くなり,簡単な形式に変更になりました。
 記念講演は隔年で行っていますが,介護経験を持つ歌手の橋幸雄さん,世界のソムリエ田崎真也さん,広島テレビの神田アナウンサーなどをお招きしています。
 今日も介護現場に進む人たちが少なくなり,福祉系大学の定員割れが新聞等で話題になっています。多くの法人では経営上この数年の間,福利厚生をかなり削ってきたように思います。いまこそ仕事以外でも福利厚生のおもしろさを追求した取り組みが必要なのではないかと感じます。   
スポンサーサイト



Category: 未分類