FC2ブログ

パソコンもただの文房具?

パソコンを毎年決めた台数買い換えています。減価償却では5年で1円の価値になってしまいます。また今の時代はパソコンなくして仕事できなくなりました。出勤とともにスタッフに「おはようございます」の次にはパソコンに向かってスイッチONではないでしょうか?
 そうするとパソコンは仕事の命です。皆さんも同じではないでしょうか?そのことは停電すると理解できます。なにもできない状態になります。意外と電気が来ないと静かであることに驚きますが・・・
 話は戻りますが,結果5年しかパソコンが持たないくらい酷使しますから大事な貴重なデータがあるパソコンです。壊れるのを待つより元気なうちに買い換えることにしました。全体の5分の1ずつ毎年更新してゆきます。当然費用がかかりますから,業者さんと連携して1年間で一番安い時期にまとめて購入します。さて問題です。事業所全体で何台あるでしょうか?
 答えは現在27台です。専用回線をもつ2台は別として,5台ずつ買い換えます。不思議ですね。その昔重要なものは金庫に施錠とともに納められたいましたが,いまは情報という貴重なものは机の上にあります。パソコンに収まって。結構不用心!そこでデスクトップのみにしました。簡単に持ち出せないように。
 新しいことを発見しました。徐々に1台の値段が下がり,30万円位していたものが10万円を切りそうです。そうなるとおそらく10万円以上を登録する固定資産台帳に載らなくなるんですね。つまり消耗品扱いです。ただの文房具ですね。同じことが車にも言えると思いませんか?
 
スポンサーサイト
Category: 未分類