FC2ブログ

八名信夫さんの話

俳優の八名信夫さんの講演を聴く機会を得た。八名さんというと名前は知らなくとも「悪役商会」と話すと誰もが思い浮かべる代表の方。講演されることは知っていたが,あんなに上手とは知りませんでした。
 もともと岡山東高校から野球で明治大学に入り,途中でプロ野球東映フライヤーズに入るも怪我で首になり親会社の東映映画に入社。売れない生活できない苦しさから悪役を研究し,第一人者までになった苦労話をされる。その中で,親が子どもをしからない,他人ことを思いやらないなどの現在の日本のことを憂い,大人が何をすべきか話された。良いお話でした。
 俳優時代夢は売れない俳優から少しずつ悪役が板についてきて,はじめて撮影場所の近くの旅館で小部屋をもらった時はうれしかったそうで,喜んで部屋に入ったら布団が八組敷いてあり唖然!どうも「八名(やな)様」を「はちめい様」と旅館が勘違いしたようで,思い上がっちゃいけないと戒めたと話されました。笑いましたね。
 また悪役商会としてなにかやろうとしたのが,福祉施設の慰問ではじめてバスで乗り付けたときは,すぐに入れず施設長に「(怖いので)少し慣れてから入るよういわれ,窓磨きをしたなどおもしろく拝聴できました。
 苦労されたようですが,必死で努力されいまのスタイルを作られたようでした。
スポンサーサイト



Category: 未分類