FC2ブログ

筑紫・・・小室・・・

 先日筑紫哲也が亡くなったという報道があった。長年ジャーナリストとしてならし,最後までその視点で生きたことを各報道機関が報じた。私たちが知っているのは新聞記者時代よりもテレビのニュース23のメインキャスターとしての顔である。1989年から始まったということだから20年近く一線でテレビに出ていたわけである。みのもんたやタモリもすごいが内容が違う。毎日視聴者に何か新しい見方を提供し,言葉を残してゆくことは並みではできない。変わらないぶれない視点で続けてゆくことの重みを感じた。また先日も報道された小室哲哉とは全く違う生き方だ。何かと有名になるとちやほやされながら,つい別のことをさも成功しようとやりかけるが,やはり素人は素人。失敗したあげく当初の本業にも戻れない状態はなんとも不細工である。私たちの仕事も「福祉」の業界である。人に優しく,時代が変わろうと困っている人を助ける姿勢を亡くしたら終わりと感じた出来事でした。
スポンサーサイト



Category: 未分類