FC2ブログ

一期一会

 昨夜大学の恩師から突然電話があった。久しぶりで1時間以上話したが,とりとめない話だった。大学の不祥事の話,母親の介護の話,同僚の人事の話,私の知る周囲の人たちの話だった。ところが,その中で,私の先輩の話がショックだった。一緒に生活したこともある北海道出身の優秀な先輩は幸せな結婚をされ,無事過ごされていると思っていただけにその話はショックだった。3年前の年末体調を崩し入院。異変に気づいていたのに新年になって退院前に病院内で「脳梗塞」をおこし半身不随になったそうだ。その後,声も出ず今日に至っており,この夏で期限が来るので復帰できなければ大学の職を失うという。唖然とした。50歳になるかどうかの頃発病したとは”!!!
 思い起こすにその年の初冬私はその先輩に逢っていた。東京渋谷のあるところで行われた別の先輩のお祝いの会に出席したからだ。
 「お久しぶりです」
 「やあ,元気そうだね」
 「おかげさまで」
 「それにしても君だけが元気そうだ」
 「どうしてですか?東京は楽しいでしょう」
 「いやちっともおもしろいことはないよ」・・・
等々話したのを覚えているが,そのあとだったのだろうか?そのときもO先輩の訃報についてみんなで話したことを覚えている。大変優秀なO先輩が「くも膜下出血」でなくなって間がなかった。
『一期一会』また病床に伏している先輩に逢えるだろうか?いや会いにいくべきだろうか?
 ところで恩師の電話は,メールアドレスがどうも違うのではないかという問い合わせだった。「.」が1つ抜けていただけであったが,私の恩師だけに老眼であろう。
スポンサーサイト
Category: 未分類