FC2ブログ

防災意識を高めて非常食

 平成7年1月17日未明,大きな揺れとともに阪神大震災が起きました。その後のありさまは記憶に新しいところですが,6千名以上の方が犠牲になりました。大きな教訓を私たちの与えてくれた出来事です。このときから防災やボランティアが身近になっったように思います。
 シルトピア油木では毎年この時期に非常食を食べることを行っています。施設にはもしものために非常食が3日分用意されています。もし災害が起きて地域的に孤立したら少しの食材ではどうにもなりません。水や食料が備蓄されています。しかし,3日以上になるとどうにもなりませんが,それ以上に必要となるときはこの施設のみでなく広範囲やあるいは日本レベルで災害を迎えたときと思います。本日のメニューは各部署に持ち込んでのカレーです。簡単なキットで用意されていあるもので調理されました。味はやはり実際その場で料理するメニューに及ぶわけもありません。サラダも非常食でした。この機会に食して防災意識を高め,また新しい非常食に買い換えておこうという姿勢です。皆さんのおうちはどうですか?意外と自宅は手薄だったりして
スポンサーサイト



Category: 未分類