FC2ブログ

耐えることが人としての成熟??

 先日研修の講師が社会保障の話の中で「少子化」への対応策に触れ,「正直どうしようもできない状況にあります。既婚者には子どもが結構人数的にもいるが未婚者が多いことが問題です。まあ言えることは結婚してほしい。結婚ていうのはいいですよ。子どもの成長を見て喜び,結婚相手に対してお互い我慢することは人間を成熟させます」と話された。万策尽きた感のある少子化問題へは結婚しない人たちのことがある。それにしても「我慢」が人を成熟させるのか。確かに・・・
 私たちは日頃多くの場面で我慢する。皆さん1日何回くらい怒りを抑えていますか?ある人は退職したとき言われました。「勤めをして学んだことは怒らないということです。怒るのは簡単ですが,その後きっと後悔します」この言葉は重い。
 久しぶりに友人と飲むことがあった。賑やかな町の静かなお店で飲んだ。いつもとメンバーが違うと語ることも違うものだ。意外な本音や日頃の我慢が出てくる。「なんだそんなことがあるんだ!」「そんなことを我慢しているんだ」と新しい面を見せてもらう。仕事と関係のない,また日頃の人間関係と離れた人たちとの関わりは気が楽なものだ。またしてもついつい遊びに行きたい、どこへ行きたいという具体的な話に盛り上がった。
 職場でも法人全体で先日2回目の「コーチング研修」があった。どうも話を聞くことに徹する職種の人たちこそ本当はしゃべりたい人なのでした!!
スポンサーサイト
Category: 未分類