FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上杉鷹山と直江兼続

 NHK大河ドラマと連続テレビ小説は毎年地域を意識した展開で,結果観光地の掘り起こしに取り組んでいる印象です。特に大河ドラマはその印象が強いですね。昨年度は『篤姫』で鹿児島,薩摩が舞台でした。鹿児島市内の博物館に特設展示場を作り,ドラマの展開と衣装など展示してありました。当然期間限定です。今年は『天地人』で直江兼続が主人公です。直江兼続は「愛」の字を兜に付けている武将ですが,上杉家二代目の上杉景勝の家臣の末裔ですが,上杉家中興の祖,十代目上杉鷹山公の家臣でした。有名な話がありますが,アメリカ大統領ケネディが来日時「日本人で一番尊敬しているのは上杉鷹山です」と語ったとか?何でも財政逼迫の折り,立て直した人として尊敬されています。今の日本こそ必要な人物かもしれません。
 さて,上杉鷹山はどこの人か知ってます?上杉といえばかの有名なのは上杉謙信ですが,こちらは「越後の虎」です。2代目で養子であった景勝は関ヶ原以降,会津若松に移され,その後米沢に移ります。実は上杉家はここからの方が長いのです。2代目以降現在17代目まで続いていますが,最近東京に移っただけでほぼ米沢を治めています。その十代目が鷹山だったわけです。縁あって上杉神社にお参りしました。謙信公を奉ってあります。隣に資料館がありました。謙信,景勝,鷹山,兼続に関係する資料や甲冑など展示してありました。さらに入口にはもともと立派な上杉資料館があります。そこでは『天地人』コーナーが特設展示されていました。物産館にはやはり大河ドラマ用グッズが場を占めています。本当は米沢の名物は「米沢牛」であり,ほかにもサクランボ関係のものなどおいしいものは多くあります。観光客でこれまでひどく脚光を浴びることもなかった場所が今年はにぎわっています。ところでいまごろ鹿児島はどうなっているのでしょうか?

スポンサーサイト
Category: 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。