FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護職員処遇改善交付金①

 政権が変わりましたが,話題の「介護職員処遇改善交付金」についてご存じでしょうか?○介護現場が3Kで人気がない○1年間で約2割の介護職員がやめていく○給与が仕事内容にくらべて安い・・・等,の理由により人材不足と人員不足に陥り,現場は困っているという報告から,介護職員一人ひとりに給与加算額を支給しようという事業です。この事業は10月から2年半に渡り実施されますので,各事業所手続きなどに忙しくなりました。
 かなり珍しい事業です。政府が直接一業界で働く人一人ひとりにお金を支給するといったこと自体異例です。さあ無事活用されるのでしょうか?
 「あんたらはええのう。お金がもらえて」「給料が\15,000あがるんじゃろ?」と言われることがありますが,現実はそう簡単な物ではありません。この交付金の対象職種はあくまでも「介護職員」であり,具体的には「介護福祉士」「介護士」「ヘルパー」「介護員」「ケアワーカー」などです。ですから「看護師」「事務員」「機能訓練指導員」「調理師」「栄養士」等には交付されません。
さあいかがですか?同じ職場でも交付金がもらえる職種ともらえない職種が存在することは?不平等といわれても仕方ありません。また支給期間も2年半で後の保障はありません。ですから社会保険料等所得が増えると控除額も増えますが,その後の対策が必要となります。実はどこの職場も対応に困っています。そこで私たちの法人も検討を加えて対応を決定し,すでに各職員に説明済みです。詳しくは次回説明します。→続く
スポンサーサイト
Category: 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。