FC2ブログ

夢の福袋箱

 「ガチャ玉」とか「金の卵」って覚えていますか?スーパーの出入り口に¥100または¥200入れるとカプセルが出てくるというおまけのようなものです。子どもたちが楽しみに買い物について行っていた目的のものでした。「金の卵」は高速道路のサービスエリアなどにもあり,おじいちゃんおばあちゃんの孫へのおみやげだったりしました。結構売れていましたし,今でも買ってあげる人も多いのではないでしょうか?無駄といえば無駄,楽しみといえば楽しみ。いいものが入っていたりすると子どもたちは大喜びです。少し見方を変えると,百貨店にある正月の福袋も似たような雰囲気です。金額的にはそれ以上のものが入っていて嬉しいものですが,実際一つひとつを見ると買うことのない品物が多いのではないでしょうか?
 いつもは気にしていなかった自販機に¥1,000の夢の箱とかいうものがあります。夜通るときは「くだらん!どうせろくなものはない」と思っていました。ある時昼間にそこで留まり,自販機で缶コーヒーを買っているとやけに気になります。デジカメ,電子辞書,カメラ,腕時計,指輪・・・結構すごそうなものがあります。おまけに「まだまだ他にもあります」とかいうセリフがあります。つい衝動的に千円札を入れてしまいました。‘ガチャン!’と箱が。おそるおそる取り出すと,箱です。よく見ると,電子歯ブラシです。結構いいかなと思いながら帰りました。でもゆっくりよくみると,とても¥1,000の品物ではありません。まあ¥100でもよいかなといったところか。
 やはり結論はひっかかったということです。参りました。またやられました。
スポンサーサイト
Category: 未分類