FC2ブログ

グループホームでの火災

 またしてもグループホームで火災があり,7名の犠牲者が出ました。場所は札幌駅から7キロの住宅街でした。現在グループホームは1万カ所近くありますが,新築の物もありますが,改修した建物もあり見た目はきれいでも設備的に,特にこんな火災では差が出てしまいます。犠牲になられた利用者にはお悔やみ申し上げます。これで消防法はますます厳しくなることと思います。シルトピア油木では,今年現在も続いておりますが,スプリンクラー設置工事を行っています。当初建設当時平成3年では平屋では不要という法律でした。ですから屋内消火栓や非常通報装置はありますが,スプリンクラーはありませんでした。ところが最近消防法が改正になり,24年3月までの設置が義務づけられています。ただし,費用はお安くないので簡単には設置できません。そこで足踏みしていましたが,最初に小さい施設への設置補助が出来ました。当然ながら私たちの施設は4000㎡近くあり大規模です。あちらこちらで火災の報道があり,特に介護保険外の静養ホームなる施設での大火災が元で,国も大規模施設への補助を策定しました。政権交替でどうなるかと心配する中,作業仕分けにも合わず現在の工事に到っています。残念ながら対象は特別養護老人ホーム部分のみですから,それ以外は自己負担での設置です。現実問題,現在の建物はなかなか燃えにくい材料で出来ています。ただし一番懸念されるのはやはり煙に巻かれる状況と予想します。今回設置に採用したスプリンクラーは大規模施設に対応できる品物で,寒さ対策も必要ですから普段は管の中に水が通っていない真空方式です。水が噴き出すヘッドの部分が熱と煙を関知すると溶けて,その部分のみから大量の水が噴き出し続けるという仕組みです。その時間数十秒とか。ただ吹き出した後の場所はそのままでは使用できないと思います。くれぐれも誤報や誤認がないことを祈りますが。
 工事は今月中には終了する予定です。併せて空調も全面的に取り替えをしました。快適な夏と冬が過ごせると思います。また併せて全室に今流行の空気清浄機を設置しています。これも感染症予防対策です。ということでスプリンクラーは必要だなと改めて感じる早春です。
スポンサーサイト
Category: 未分類