FC2ブログ

3週間ぶりのご帰還の飼い猫

 夜11時頃「ニャオ!ニャオ!~」と猫の声が響き渡る。家族みんな慌てて外に出て出迎える。たしかに行方不明になって3週間以上のわが家の13歳になる雄猫のご帰還だ。驚いた。すでにひとまず片付けられていた「お食事処」が取り出され,お食事を。よく見ると明らかにやつれ,毛づやも鈍くなっている状態。あちこちに傷も見える。お食事が終わった猫殿に「何をしていたのか?」「どこへ行き迷惑をかけていたのか?」「いかなる考えをもているのか」とただすも目つき鋭くにらんでは横になるのみ。飼い主は猫に「蟄居謹慎」を申し渡し,部屋に缶詰となる。1~2時間もすると「外へ出せ!早くドアをあけろ」を連呼し,また出かけていった。
 確かに家で生まれ,早くに両親に生き別れたため,親からの教えを受けていない雄猫は,従来の動きを心得ることもないはずなのに,旅に出るなど本能そのままに生きている。猫の性なのか。そしてまたいつ帰ってくるのか?何が忙しいのかGPSを取り付けてみたい気分ですが・・・まあまた帰ってこい。ひとまず元気で良かった。待っているよ。

スポンサーサイト
Category: 未分類