FC2ブログ

入所をお待ちの方へのお手紙

 実はこの施設への入所は申請順番で動いています。世の中の特別養護老人ホームへの入所は介護度1以上の方が申請できますが,当然ながら空き部屋などそうはありません。(というのは最近ではベッドはあいていても職員不足で開所できないところもあるようです)。シルトピア油木では申請順番で空き部屋が出来た場合,ご案内しています。ところがそれでは「どれくらい待てば入所できるのか?」という大きな質問には正確には答えられません。事実は4~4年半といったところです。そうなるとご家族やご本人の期待には応えられないというのが現実です。4年間待つのは介護が必要な身には長すぎます。そこでほかの施設やグループホームなどに入所ということになります。もちろん他施設へ入所されていても順番がくれば移って来られる方も多いでしょうが,体の状態が重介護になっての方が増え,そのまま入所施設で過ごしたいという希望も増えます。また4年以上かかると,いつ申請したか?だれが申請したか?はたまた申請自体覚えていないなど全く実感のない待機期間となっている人も多くなりました。施設側も利用して下さる方には一日でも長く充実した日々を過ごしていただこうと努力しています。早く順番が回るということ自体,施設の介護力を問われることです。年間そう多くの方が入れないという問題がありますので,待てずになくなりとりさげという自体も起こります。
 これらの理由によりこのたび待機者およそ280名の方に現状をお知らせし,状況を教えていただきますようお盆前に発送いたしました。同封しましたものは,①以上についての手旨説明と現在の順番 ②現況報告用紙 ③特養暮らしのしおり ④介護度別・減額制度別料金表 ⑤施設パンフレットです。少しでも近づいていることも実感を持ちながら待っていただき,また少しでも施設の内容を知っていただきたいという思いです。
 そもそも入所申請する方は1カ所では不安ですので,数カ所申請したいものです。ですから100名待機者があっても最終的に入所される方が3分の1以下ではないかと予想します。そんなこともあって郡内の介護保険事業所との間で「入所待機者調整会議」なるものを2ヶ月に1回開催し,情報交換しています。なくなった方,入院中の方など確認していますので,待機者名簿は精度が比較的高いはずですが・・・
 さっそく,皆さまよりご回答いただいています。℡,FAX,来所等。○現在××施設に入所しているので取り下げする ○現在▲▲に入所中だが待機して待っている ○昨年なくなった 等等。この解答により現況の把握と人数の精査が出来るものと期待しています。ご家族の皆さま,この暑い時期にご協力ありがとうございます。
スポンサーサイト



Category: 未分類