FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第三者評価受審しました。

 先日第三者評価事業を受けました。この事業は施設外の詳しいと人たちを招き,決められた項目の中で,「管理運営編」と「サービス編」にわかれ,内容を確認し,必要に応じアドバイスを受けるという内容です。日頃私たちは当たり前と思っていることでも,誤った解釈をしていたり,あるいは別な目に見ていただき,助言をもらうということもあります。当日は遠路ですがお二人の著名な調査員の先生が来られました。私たちもですが,施設見学は普段見れないことありますので,他の施設に興味深いことが多くあります。ついつい熱心に見てしまい,時間のかかるものです。調査員の先生方からはお褒めの言葉も頂きました。励みになるものです。
 さて,調査に先立ち利用者のご家族にアンケートを実施されています。このあたりは非常に重要です。30名のご家族にご協力いただいています。偶然予定しておりましたミニ家族会が調査期間中2回開かれました。そこでご来所のご家族にアンケート用紙を渡し,そのまま記載して投函してもらいました。無記名です。その集計も届きました。9割以上がありがたいことに「満足している」「ほぼ満足している」ということでしたが,一部は「不十分に思う」とか「説明が不十分と思う」などの意見もあり,反省点も多くあります。今後検証しながら改善につなげたいと思います。
 それにしても評価は難しいものです。また何をどのように準備すべきかも悩むところです。先頃「介護サービス情報調査」が現在の調査員派遣方法から情報の打ち込みに変わることが伝えられました。開始以来疑問の多い調査でしたが,結局利用する側にとって必要なものでなかったようです。この第三者評価も利用する側に視点も取り入れて充実してほしいものですね。
スポンサーサイト
Category: 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。