FC2ブログ

「吉野屋のリバイバルプラン!!」

 ある雑誌が低迷する「吉野屋」に元気を出してもらおうと各界の方たちにリバイバルプランを提案してもらおうという企画があった。一企業について取り扱うこともあるが,珍しい内容。確かに「JAL」の再建計画について話題になったりしたが・・・森永卓朗は低価格路線を脱してブランド意識を持とうといった提案,マクドナルドの社長はバラエティのある提案といったご意見が並んでいる。いまの日本の経済状況を反映している話題である。牛丼屋は「すき家」や「松屋」がライバルにあるが,各評論家はそれぞれの味の違いにも注目しており,米国産の牛と豪州産の牛の選択経緯やその味の違いも吟味している。吉野屋が傾いている理由はすき屋にシェアを奪われていることによる。最近はソフトバンクとAU,さらにはドコモの争いでも三つ巴でしたが,牛丼さえも熾烈な競争を繰り広げている。同じ値段では売れない,かといって安くすると利益が上がらない。どうも経済は拡大することが前提のようである。今後は同じ業績を維持していくことさえ厳しくなりますが・・・
 多くのプランが勝手に繰り広げられていますが,全く反対の意見もありはたしてどれが良いのか?かつて経済アナリストが日本の行く末について予測を立てましたが,まあ当たったものが少ないですね。当てになりません。あまり方向性を変えず貫いてはいかがでしょうか?

スポンサーサイト
Category: 未分類