FC2ブログ

世代とハンデを超えて

 いつかお話ししましたが,シルトピア油木の近くで少し住所の異なる約直線距離で100㍍離れた場所にケアホームを運営しています。つまり障害者のグループホームです。知的障害者を中心に定員6名ですが,現在5名の男性がケンケンガクガクと生活されています。毎日シルトピア油木のおとなりの油木作業所へ通うことが日課ですので,昼間は土日以外皆さんいません。そこで少し併設した形で地域密着型デイサービスも運営しています。定員12名ですが,土日曜日はお休みです。つまりうまく活用すれば両方の利用者はほぼだぶることがありません。幸い別施設なのでトイレとお風呂は別々にありますので,逆に言うとどちらも使えるわけです。本来効率よく利用できます。こちらはまだ定員に余裕があります。連日楽しそうに通って来られる方があります。さらに今年の夏にオープンしたのが託児所です。隣りに新たに小さな白い館を造りました。ほぼ毎日1~2名の職員さんの子どもさんたちを中心に利用してもらっています。
 さてそれぞれの施設ですが,名前をあえてつけました。ケアホーム白い雲,デイサービス青い鳥,託児所おひさま。なんとなくメルヘンチックでしょ。実際名前だけでなく,お互い交流できるようイベントを夏頃から考えています。3施設合同で祭日に‘芋掘り’‘食事会’‘クリスマス会’‘新年会’等,これからの企画もありますが,世代間を超え,またハンデを越えながらの交流です。想像してみて下さい。小さな子どもとお年寄り,障がい者,そして職員さんが騒ぎながら協働作業している姿。楽しそうですよ。

スポンサーサイト



Category: 未分類