FC2ブログ

大風と停電

 運転中突然携帯電話のバイブが揺れた。「大風の影響か施設及び地元地区がもう1時間以上停電です。一応お知らせしておきます」との一報。時間は17時30分ころ。さあどうしたことか,もう暗いので夕食時間が近づいているものの,はたして食事は出来るのか。また暖房が必要な季節だけにはたしてどうか??など考えながら,あらためて電話して確認したこと。○食事状況○暖房○明かり等でした。みなさんさすがに冷静にまず,ろうそくを仏間より取り出して準備。幸いかなりの数のろうそくを持っています。そして石油ストーブを行政より借りてきていました。その上で食事しているようでした。気づいたこととして車の燃料をいっぱいにしておくことと,懐中電灯の確認をお願いしました。なにしろ停電すると気がかりなことは以下の通りです。電灯,暖房,医療器具,電動ベッド,パソコン,内線電話,冷蔵庫等きりがありません。幸い2時間半ほどで復旧しました。真っ暗な中,明るい電気が戻って安心したことと思います。
 それにしても多くの不都合や不足がありますね。いかに設備や備えが弱いことか。懐中電灯もいざ探すとなかなかありません。ライターもろうそくに火をともそうにもなかなか無いものです。非常灯も約30分くらいで消えてしまいます。まあこれほどの長さで停電することは想定していませんが・・・
 準備している物は,非常食3日分,非常用電話2台くらいですね。今後電源のない石油ストーブや車からの携帯電話充電器等用意しておきたいものです。災害があってはじめて思うのですが・・・
スポンサーサイト
Category: 未分類