FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンニング

 京大や同志社大学を中心とした入学試験問題漏洩事件にもほぼ全容が見えてきた。受験のプレッシャーの中でつい負けてしまった感があり残念なことになってしまった。その子の将来はどうなるのか・・・それにしても‘カンニング’という言葉は久しぶりに聞いた感じがする。「カンニング竹山」なるお笑い芸人はいるが,なかなかそんなことができる環境はなくなったものとどこかで思いこんでいた。ずっと昔,入試の試験監督をしていたことがあるが,カンニングはあるものです。ただし,防止は出来ても捕まえるには勇気が要ります。相手も必死です。その子の人生を左右する行為ですので,心して臨まねばなりません。カンニングを見つけて捕まえてしまった場合,事情聴取がお互いにありました。それだけに面倒でなるべく捕まえたくありません。みんな必死に勉強しています。まじめにやりましょうね。それから京大や東大だけが人生ではありません。
 それから中国語の羅先生へ「私は定期試験において絶対にカンニングはしていません!いまだに主張します。絶対に」以上
スポンサーサイト
Category: 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。