FC2ブログ

納涼祭舞台裏

 納涼祭は毎年開催ですが,3月末には日程が決定しています。準備は2ヶ月前よりスタートします。まず打ち上げ花火の許可申請を消防と警察に届け出ます。花火を上げるとなると周辺の確認が必要です。カレッジ,アリーナ,グランド,ゲートボール場などの関連施設を貸し切ります。一定の範囲に人がいないことが条件です。当然ながら消防団の協力が必要です。それから余興の調整があります。特に事前に準備が必要なのはスタッフTシャツです。これまで見分ける(※つまりスタッフと入場料を取る方とを見分ける)ために帽子を作製したり,アロハシャツを購入してきた取り組みがありますが,検討の結果Tシャツ作製が一番わかりやすくて,費用的にもよいということに落ち着きました。1ヶ月前には,関連団体との協議があります。共催団体,協力団体と前年度の反省に基づき,話し合いを持ち改善点を確認します。その後は,駐車場の確保,花火で迷惑をかける可能性のある地元の方へのご挨拶,そして来賓へのご案内,保健所への「臨時営業届」また北警察署への「警備依頼」を持参します。保険会社には事前に行事保険対応の依頼と,保証内容確認を行います。そして洗い物を予想して浄化槽の管理会社,グリストラップ委託業者との確認。また借用物品の申請,ステージ設営の依頼,当然ながら担当スタッフは内容と流れについて確認と調整をしていきます。2週間前には勤務職員の確認に役割分担,ボランティアメンバーの確認。会場設営予定図の作製,募金のお願い,チケットの販売促進等準備は続きます。直前になると物品の借用とレンタル用品の借用となります。なかなか準備はきりがありません。もちろん予想外の出来事は起きます。たとえば雨・・・大敵です。次回はいつか話したこともありますが,打ち上げ花火に至った経緯をお話します。
スポンサーサイト



Category: 未分類