FC2ブログ

粗大ゴミの処理

 日々多くの物を使用している仕事なので,購入物資が多いとゴミもたくさん出ることになります。年間では残念ながら粗大ゴミが出てくるわけです。日々のゴミも有料なのでかなりの金額になります。一頃「生ゴミ処理機」の営業が多くありました。300~400万円程度のもので,バクテリア等で分解して肥料に変えたり,方向は違いますが全く有害ガスを出さないような完全燃焼の焼却炉も紹介されました。どうも購入に到らなかった理由として,成功例を知らない,実際購入されていても稼働していないケースしか知らないからです。いつしか良い物が完成するでしょうが,今のところ有料で処理していた方が安いようです。さて,生ゴミはともかく,年間ではどうしても粗大ゴミをどこかに処理に出すことになるわけですが,昨今はこれまた有料で業者によってはかなりの額になります。一考の余地がありました。そこで粗大ゴミの内容を洗ってみると,「車いす」「保温庫」「傘」「金属片」「下駄箱」等でした。つまり金物が多いわけです。そこでゴミとしてではなく金物引き取りをお願いしてみました。買い取り費用さえ請求しなければほぼ引き取っていただけました。大きな磁石のようなクレーンで吸い上げるとくっつく物とくっつかない物に分かれます。一番吸い付いたのは持ち込んだ軽トラックでした!!
 私たちは無駄のない買い物をしなければと思っています。しかし最終的にはゴミになるケースが多いですね。理由として「使用して寿命が終わる」ケースと「実際購入してみたが使えず不要となった」ケースもあります。前者は仕方ないのですが,後者は購入した側に先見の眼が曇っていたわけです。反省です。よく考えて買い物しましょう。ある施設では「予定外の物はいっさい購入しない!」また「納品書以外で購入しない」という姿勢を貫かれていました。再考です。

スポンサーサイト



Category: 未分類