FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グローバル経済のもたらす結末

 あまり私たちの福祉現場には直結しませんが,世界経済は不安定になっています。あのヨーロッパの共通通貨ユーロにギリシャ危機が迫っているからです。どうも一部では20年前の日本のバブル崩壊に似ているとかで公的資金注入などの対応の遅さがリスクを大きくしているようです。それでもあのバブル崩壊からの日本の歩んだ茨の道を思い出すとけしておおらかに構えておけるような気分にはなれません。つまり遠くのギリシャの財政危機に日本の片田舎で不安を感じているわけです。石油にしろ,放射能にしろ,金融にしろどこか遠くの出来事でなくなっています。企業は合併と買収,さらには競争によりまた加速という状況が続くと,すべてが大きな単位になり,その動きは影響も大きくなります。まるで町の真ん中にヨーカドーなどの大型店が進出して,小さな店がつぶれなくなってしまいますが,数年経って経営が思わしくなくなると,大規模店舗が撤退します。そ結果,その町には景気も後退で再生するわけもなく,何もなくなるわけです。現在のグローバル経済はそんな感じに見えます。いかがでしょうか?

スポンサーサイト
Category: 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。