FC2ブログ

バレーボールワールドカップとプロ野球日本シリーズ

 女子のバレーボールのオリンピック予選ともいえるワールドカップが終わった。結果からみれば惜しい4位。今回のロンドンオリンピック出場は決まらなかった。ところがよくみると,ブラジルやアメリカに勝っている。特にアメリカにはストレートで勝った。試合を見ていたが,上手く波に乗れた。惜しかった中国戦においては1ポイントか2ポンイントの獲得が要所でできなかっただけで紙一重だった。しかし,そこが実力。不思議なことにプロ野球においても力が拮抗しているので真剣勝負になると,日本シリーズでは最終戦までもつれ込む。それも両チームともアウエイでも勝利のみ。あとわずかで惜しいといえるのはまだ実力不足ということでしょうか。サッカーがまだまだということとになります。私たちの仕事でももう少しで成果が出るというのに辞めてしまう,あきらめてしまうことがあります。結局流行だったとか無理だったという結論です。また就職して年数の浅い職員さんの中には「飽きた」とか「もういい」「別なこともやってみたい」などという理由で辞める人がやはり時々あります。もう少しで本物になるのではないかと思える人もあるだけに残念に思うことがありますね。別にこの仕事だけではないと思いますが。本物や競ることに強いには継続と裏付けられた努力があるわけです。
スポンサーサイト
Category: 未分類