FC2ブログ

討ち入りの日

 12月師走もいよいよ暮れが近づいてきました。何かと心せわしない季節です。かといって何が忙しいのかわかりかねますが,お正月が近づいています。この季節は昔から寂しさと物語が多いですね。かさ地蔵,マッチ売りの少女,そして14日は忠臣蔵討ち入りの日です。思い出しますが赤穂浪士にゆかりの深い高輪の泉岳寺には今の時代でも多くの人がお参りしているのでしょうか?学生の頃アルバイトしたことがあります。泉岳寺で・・・この14日を中心にお参りになる方が多くおられることから甘酒を造り,振る舞うという仕事をしました。泉岳寺のお墓のみならず山全体が線香の煙と香りで一杯になります。甘酒は寒い中そういったお参りの方々の労を労うためのサービスです。それでも大きな釜に火をおこし,造っていきます。手慣れた職員さんたちの手伝いでした。
帰り道,目の前にいつまでも熱い釜の火が燃えているような錯覚に陥るよう感覚でした。
それにしても仇討ちはともかく百年以上後の人たちがその義理堅さに敬意を払って姿はすごいことです。あらためて感動いたします。
 
スポンサーサイト



Category: 未分類