FC2ブログ

当たるという予感で当選

 その時,一言つぶやきました。
「当たりそうな感じがする。えっ当選品持って歩くのめんどくさいな」
そうなんです。当たりそうな気がしました。4人で入った資料館はお正月なので,入場券を買った方は帰るとき抽選の箱がありました。そうです。本当に1人が当たりました。「2等」です。ところが担当者が当たるわけないと思っていたのか慌てました。
 「あっ当たりましたね。え~と賞品は・・・」
と言いながら探し始めました。といってもちょっとしたお菓子の大箱です。
 でももう一度言いますが当たる予感がしました。もう一度確認しますが私は当たりませんでした。
 さあ果たして当たってよいのか悪いのか,でも当てようとしてみんな抽選や宝くじに挑むわけですから・・・そういえば年末ジャンボ宝くじについてもある職員さんが悩んでいました。「1億円当たったらどうしようか」と杞憂に過ぎないことはわかっていますが,でも買わないと当たらないし,当たったら使い方にも悩む必要があるし・・・楽しいですね。
 あっ私は当たりません。買いませんから。
スポンサーサイト
Category: 未分類