FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護施設における介助者による虐待

 このところ隠しカメラによる撮影などにより介護施設における職員による虐待が報道されています。ゆゆしき事態です。報道もですがなんといっても虐待の事実です。介護保険制度に移行して契約による利用となりました。その当時から虐待についての懸念と防止策の研修がありました。当初はこの「虐待」は日頃自宅等でお世話しているご家族によるものを想定していましたが,途中からグループホームでの虐待が話題となるなど方向性も変化してきました。高額な利用料を支払って利用する介護施設での虐待はあまり想定されていなかったように思います。職員個々の日頃の不満をぶちかますような言葉や行動は絶対にいけません。特に自分から訴えのない方や抵抗できない状況の方への暴行はありえません。おそらくお風呂場に隠しカメラを設置するなどは外部の方ではできようわけもありませんから内部告発と思われます。日頃普通に行われている業務に疑問を抱いていた職員が訴え出ても改善されない施設の状況にあきれながら暴露したものではないでしょうか。
 私たちも気をつけながらいつも‘これでよいのか?’と自問自答しながら仕事していかなければいけないと改めて思いますね。どうぞ管理者の方が早く気づいて早急に改善されることを願います。私たちに業界にとって大きな影響があると思います。
 さっそくとあるところから,なかなか進まない「第三者評価制度」の進め方について問い合わせがありました。
ちなみに親の年金を管理するといいながら,子どもたち等が自分の生活に使うのも立派な「経済的虐待」に当たります。 

スポンサーサイト
Category: 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。