FC2ブログ

3.11 東日本大震災1年を迎えて

 3月11日の14:46を迎えた。私は車から見るテレビ中継に合わせ合掌して黙祷を捧げた。早いのか遅いのかわからないが大変な惨事が日本列島を襲って一年が経過した。多くの人々が様々な思いでこの時を迎え過ごしたはずです。
 忘れもしません。あの日あの時間の少し後,ある方の家を訪問していました。
「あんた,大事じゃ!北海道から東京まで大津波が来とるで!はよう帰ってテレビを見てみんさい!」
の言葉に驚き,車のラジオから流れてくる情報に驚きました。特に印象に残った言葉は「陸前高田市,壊滅!」でした。
 内閣総理大臣の式辞に続き,この日の出席を強く熱望された天皇陛下の言葉が続いた。お二方とも選びに選んだ言葉だったと思います。多くの犠牲の上に,日本中は防災意識が高まり,‘絆’の言葉の元に連帯感を産み,さらには「脱原発」への流れができました。
 私たち残されている国民は「安全な国作り」「住みやすい地域作り」「地域での信頼関係作り」をめざすことが必須となっています。私たちが便利な生活の中で,少し忘れかけていた「人と人の信頼関係」の重要さを体に思い出させてくれました。
きっと日本が良い国になるよう努力することを誓います。津波の犠牲になれた方には安らかにお眠り願います。一国民として・・・
スポンサーサイト
Category: 未分類