FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3,500人

 広島で行われたある会議に出席した。内容はともかくも,その中の参加者からのご挨拶に予想しない数字を聞いた。3月と4月は毎年多くの人が異動する季節です。高校を卒業すると,進学や就職で広島から関西や関東へ行く人がいたり,逆に広島へやって来る人があります。また大学を卒業しても就職で出て行く人と帰ってくる人などいます。さあそれでは広島県は転入と転出とどちらが多いでしょうかという話です。漠然とプラス・マイナス 0かなと勝手に思っていました。広島は出て行く人も多いでしょうが,企業があったり,六大学があるなど進学先も多いのでなんとなくそう思っていました。結論ですが,毎年約3,500人の転出となっているそうです。つまり人が出て行く県です。ずっとそうなのかこの数年がそうなのかわかりませんが,広島県の魅力が減っているということでしょう。びっくりしましたね。これは由々しき事態です。学校のみでなく仕事や観光で県自体を盛り上げていかないといつか人口減は最終的に高齢化を加速させますので要注意です。

スポンサーサイト
Category: 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。