FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オウム真理教事件とヘルパー資格

 先頃,オウム事件で指名手配中だった菊池直子が逮捕された。また先日高橋克也も逮捕された。逃亡生活17年の容疑者が連続して逮捕されたが,どちらも仕事していたと言うから驚きです。それも菊池直子はヘルパー資格を取得していたという報道で,どうやって取得できたのか,また確認をどのようにしているのかなど話題となりました。中には社会保険申請の仕方やできてしまうと身分証明となるものなので,その責任問題も取りざたされたようです。菊池直子と高橋克也はどちらも1995年3月20日東京都内の地下鉄車内でサリンをまいて乗客12人を殺害,約5550人に被害を負わせた事件に深く関わっています。つまり国家の転覆をはかろうとした一団の主要メンバーです。
 果たしてヘルパー資格はそうたやすく取得できるのでしょうか??私たちの研修会を主催している事業所答えは「イエス」です。残念ながら住民票や戸籍を取り寄せて確認することは義務づけられていません。当然ながら偽名でも取得できるのです。また取得年齢も決まっていないので,高校生でも可能です。ただし受講をちゃんとしないと認定はされませんが,たやすく取得できる資格です。しかし,その資格で就職し,実際利用者の家を訪問することになります。実際は恐い話ですね。そうなるとやはり資格認定のところが重要なポイントとなります。何らかの確認作業が必要ですが,国家資格でもなく都道府県をまたぐとなおさら確認できず,資格が生かせるだけに難しいものがあります。いわゆる善良的な資格です。
 そうでした。私たちの事業所は今年も8月11日開講で研修会を計画しています。新聞折り込み広告を7月8日に行う予定です。どうぞ関心のある方はご参加ください。なおこのヘルパー資格制度は今年度をもって終了の見込みです。
スポンサーサイト
Category: 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。