FC2ブログ

中学校の給食

 初夏の終わり「降る降る」との天気予報にも余り雨の降らない今年ですが,中学校で給食をいただく機会を得た。授業参観をした後,説明と会議を経て,目の前に給食が出された。●タンドリーチキンにポテト ●具たくさんのスープ ●ご飯 ●牛乳 といったメニューです。結構うわさ通り美味しい給食でした。ごちそうさま!私は施設で時々‘検食’をしますが,ずいぶん雰囲気は異なります。品目数はもう一品多いかな。でも量が違います。ご飯の量にはさすがに・・・子どもたちは食べますね。もっと注目すべきは「残菜」です。‘1%’という驚異の数字ですね。食べ残しがです。つまりほとんどありません。高齢者施設ではまあ5%前後ですから,いかに少ないことかおわかりと思います。
 もうひとつ大きく異なることがありました。食器類です。陶器です。それも扱い方によっては割れるタイプです。少し話になりましたが,私たちが子どもの頃はアルミのプレートが主流で魚さえもフォークで食べました。実際には食べれても作法などむちゃくちゃです。かなり変わったと実感した昼下がりでした。
スポンサーサイト
Category: 未分類