FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特養建て替えプロポーザル方式でのプレゼンテーション④

 プレゼンテーション予定の6月15日を前に1社辞退が出ました。どうも検討したあげく難しかったようです。「提案書」に掲げた内容をどこまでご理解頂けるか?また法人の方向性をどこまで解釈してもらえるのか?心配したところです。
 いよいよ当日を迎えました。実はいくつかお願いをしていました。資料整理上,事前にパワーポイント用データを送ってほしい。また当日の配付資料はA3で2枚程度にまとめてほしい。さらには,プレゼンの時間は約20分の提案と質疑10分で30分までということにしました。それでも朝10時から夕方5時前までの予定となりました。そうです。もっと重要なことを忘れました。プレゼンテーションの資料には「設計業者名」を入れないでくださいと依頼しました。つまり名称を先に聞いたり,業績紹介を中心にされると先入観を持って見てしまいます。純粋なこのプランにおける提案をお聞きしたいという思いで臨みました。
 実際には事前資料が届かない業者も約半数。当日持参ということでした。その理由は①間に合わない ②アイデアや案の流出を防ぐ ということでしょうか?私たちは単純に考えて,交替時間を速やかに行うためと思っていましたが,そうでもなく・・・控え室も3つ用意して交わることなく待てるように考えました。ですから,参加者の皆さんはお互いを知ることはなかったと思います。(⑤へ続く)

スポンサーサイト
Category: 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。