FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山陰の真夏の風景

 「大暑」を過ぎて土用を迎え1年で一番暑い季節です。今日も35度以上の暑さが全国で報告されています。どうもこの暑さを感じるとあの真冬が恋しい感じになりますが,真冬は真夏にあこがれるので同じことです。
 先日出張で山陰へ行くことがありました。山陰はなんとなくきれいに晴れ上がった天候よりも曇りのイメージが強いのですが,真夏でした。浜田道を抜けて国道を海沿いに走りました。空を見上げると雲一つ無い快晴です。海の青さと空の青さがあいまって余計に暑さが進みます。風はほぼありません。国道沿いに小さな道の駅がありました。寄ってみました。建物の入口から裏庭が見え抜けています。出てみると芝生というか草むらというかその柔らかい足の感触の向こうに海が見えます。近づいて見下ろしてみると,海岸線が見え泳げそうな遠浅の砂浜です。でもだれもいません。国道と海の間に線路があります。そして,その端にトンネルです。真っ青な空・線路とトンネル・遠浅の小さな海岸線・水色で透明は海→まるで何かの写真をみているような素敵な風景です。
 あまりに印象に残ったので帰りにも寄りました。同じ風景でしたが光の加減が午後では違います。トンネルが少し影になっていました。よく見ると砂浜の端に小さなテントがあり,海岸線に近いところで親子がボートを楽しんでいます。やはり泳げる浜です。頭の中でなぜか吉田拓郎の‘夏休み’が流れてきました。
スポンサーサイト
Category: 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。