FC2ブログ

特養建て替え計画のその後①

 6月15日東寿園の特別養護老人ホーム建て替えに向けた設計業者について公募型プロポーザル方式による選定プレゼンテーションを実施したことはすでに,だいぶ以前に報告しました。その後3ヶ月が結果しようとしています。さて,現在どのあたりを推移しているか少し経過を追って説明したいと思います。
 プレゼンテーションの際,参加者による投票とも言えるアンケートを実施して,ポイントで評価しました。その結果順位が決まりました。そのデータを参考に6月末に1社選定し大まかな交渉で内定しました。
そして7月に入り,結果を通知して契約内容の詳細について交渉に入りました。なにしろ公募で参加された設計業
者はほぼみな遠路の方ばかりだったので,直接簡単にお逢いできるわけがありません。実際その設計業者のある社屋を夏の暑い雨上がり午後訪ねました。それはもう蒸し暑いどころではありません。雨上がりで外はぬれぬれ空気に暑い太陽が降り注いでいました。実際の提案の下地となった日頃の仕事ぶり,さらには実際手がけられた建築を見せてもらいました。それまで公募ですのでまったくお互いの信頼関係がありません。少し時間をかけての話です。そのご基本的な土地などに関する調査すべきことをそろえて,8月半ばを迎え予定では10月末までの予定で基本設計のワーキングを行っています。予定ではこの2ヶ月かけて,6回各回6時間のワーキングです。
そこで私たちも昨年半年かけてまとめた「提案書」の編集に関わった人たちを含め,新たに今度は実際できる建物を元に仕事するであろう人たちを交えてワーキングに関わる必要があります。合計14名が集まりました。いまいちど提案書を読み込んで開始となりました。
スポンサーサイト



Category: 未分類