FC2ブログ

仙台空港の周辺

 深夜仙台空港に着いた。といっても広島からの仙台便は1便しか往復がなく,残念ながら20時以降の到着となる。すでに暗いのでさっそくレンタカー屋に出向いた。急いで借りて目的地に向かうことしかない。ワゴン車で案内されたレンタカー屋はプレハブ。あの東日本大震災で例外なく流され,いまだ復興中といったわけなのです。
 忘れもしない平成23年3月11日,夕方テレビで目にした光景は恐ろしいばかりのものでした。仙台空港の周辺の畑が津波にのまれていきます。CGのような絵でした。空港はよく訪れることがあっただけに,信じられない映像です。たしか空港の周りは畑になっていました。便利さを考えて鉄道も引かれています。仙台からの距離が気にならない配慮で広島にもほしいとさえ思いました。
 仙台空港を出ていつものように走ろうとしてふと気がつきました。やはり様子が違います。道も違えば明かりがないのです。考えてみると復興中であって,被災地です。真っ暗な地平の中途半端な道を進みます。すれ違う車も少ない夜道。少し不安になりながら走ります。周囲の建物に電気がついていません。どころか一階の部分がくらがりに半分くら崩れているようにさえ見えます。悲惨さが伝わる怖い陰です。そのうち住宅地に出ました。
 数日後,昼間に空港に着きました。あの日,目にした陰は嘘ではありませんでした。あるところから海側が手つかずで残っています。
スポンサーサイト



Category: 未分類