FC2ブログ

「デイサービス体験」

ある日の午前、私の足はデイサービスに向かっていた。私が初めて働いたその場所はとても懐かしいはずなのに,私が見えなくなるにつれ遠ざかっていた場所である。久しぶりのその空間に一歩踏み入れる前、一度立ち止まる。いろんな意味でのドキドキが体の中を駆け巡る。大きく息を吸い込んでゆっくり吐き出す。「よし!」と心の中でつぶやき一歩踏み出す。
案内された席は女性二人と男性二人の利用者のテーブル。快く輪に入れてもらい,ほっと一息。自己紹介を交えながら,地域の話をしていると体操がはじまりました。みなさん「もういつものことで慣れてるから」と言われるだけあって,職員の号令にあわせて体操がすすむ。「イチ、ニ、サン、シ…」の掛け声も自然と口にしながら,みんなの熱心さが伝わってくる。はじめての私は同じようにできているか心配だったが,職員の動きの説明をもとに動かしてみる。大きな違いがなかったとのことでまずは安心。体の体操、ゴムバンドを使っての体操、口の体操と続く・・・この時間、でも季節の話や最近の出来事を織り込み,また水分補給をしながらのその時間はしんどくもなければ退屈でもない、とても過ごしやすいペース。日頃私がいかに動かしていない部分があるのか思い知ったわけだが,充実した時間だった。私が参加したこの日は少人数だったとのこと、そのためもあるかもしれないが、はじめてでもなじめる空間と感じた。今度はドキドキ半分で、また体験してみようと思う。
スポンサーサイト



Category: 未分類