FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「好き嫌い」

 食べ物の好き嫌いの話。子どもには「嫌いなものでも少しでも食べないと」「いろいろなものをなんでも残さず」なんていいながら自分だって嫌いなものがある、私の場合見えない分、残すつもりが誤って口に入れ「うえ~」ってこともよくある。子どもの頃と変わったものもある。
たとえば「つぶあん」。子どもの頃は「こしあん」でないと食べられなかった。でも今でも名残りはあるかな。グリンピースとかあんまり形のある豆は好きじゃない、といいながら黒豆は好きだったり、なんかいいかげん。そういえば乳製品は好きだけど牛乳は嫌い。キンキンに冷やせば飲めるけど。あとはセロリかな。でもこれもスープにしたら食べられる、というよりスープにしたら好きに変化。絶対絶対食べられないのはレーズン、レバー、納豆か。子どもの前でも頑張れない。どうアレンジしたら克服できるかな。
レバーには涙、涙の思い出がある。それは学生時代保育実習に行った時。子どもたちと一緒に給食を食べないといけない。先生にはって親切にも大盛。子どもたちには「何でも食べて」って言ってるのに、子どもたちの前、っていう、まさにその状況。しかも私の立場は母親でわが子の前だから「まあいいか」で過ぎても実習では違う。本当に泣きそうだった。でも本当にかなり頑張ったですね。実際今、私は保育所に助けられているなぁと感じる。わが子が家で絶対食べないものも保育所ではちゃんと食べていると先生に聞くから。先生もあの頃の私のようにがんばっておられるのかな。
スポンサーサイト
Category: 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。