FC2ブログ

「ほぐし効果」

いらないものは退化し、必要なものはその力を増す。使わなければ衰え、鍛えればパワーアップする。私の体は、まさにその通りとつくづく感じる。
まず誰もそうだと思うのですが,なんと私の体の硬いこと。不要な肉が付き過ぎているためでもありましょうが…。年とともに体が硬くなるのは当たり前らしいのですが,トレーニングによっては柔軟性をアップできるとか。いかに日常的に体を硬くして過ごしているか。
硬くしているために硬くなり、体が硬いがためにさらに動きが硬くなる。なんという悪循環でしょうか。他にもあります。視野が狭いために動きが小さくなるし硬くなる、それがためにさらに視野がせまくなる。見えないから出かけたくない、出かけないから出られなくなる、出られないからいらいらする。なんて具合にどんどんマイナス方向へ
なんとなく気付いた私。視覚はどうにもできないから、まず体を柔らかくするために意識することにした。私が単純なのか、人の体はこういうものなのか、どことなく体が軽く、それによって頭痛が緩和、それによって気持ちも軽く、視覚さえも少しよくなったのではと感じる。実際見えるようになったわけでもなんでもないんだけど気持ちが軽くなるだけでこうも違うのかと思い知りますね。
先日、私と同じ眼病をもつ人の著書を読んだ。見えないがための仕方ない失敗談を笑い話のように書いておられた。けがをしたり人に迷惑をかけたり本当は決して笑って済むようなことではない。実際この本の話を健常者にしたところ「迷惑な」という返事が返ってきた。そうそうだ、そうなんだけど見えないものは仕方ないのだ。以前の私は「見えないものは仕方ない、ぶつかりでもすれば、そこにいる人そこに置いた人が悪いと泣きわめき、怒りちらしていた。でも少し体と心がほぐれた気のしている今の私は「見えないものは仕方ない。迷惑かけるのも仕方ない。そりゃあみんな迷惑に思っているでしょう。でも私だって外に出たい。‘やけ’と言われればそうかもしれないけれど。割り切るしかないのだという結論にいきついた。ずいぶん楽になるもの。病は気からとはよく言ったもの。少しの体のほぐれで心が軽くなった私は頭痛から解消されイライラもピーク時からは減ったと思うし,くよくよも減ったことで動きも増えた。どうせなら一つでも多くの楽しみを感じていたい。
スポンサーサイト



Category: 未分類