FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「言葉のもつ意味」

言葉の一つひとつに意味がある。言葉の一つひとつを自分はどう考えて発しているだろう。言葉の一つひとつを相手はどう感じて受け止めているだろう。なにげなく発せられた言葉に密かに傷つくことは多く、とすれば自分が発しているそうした言葉に傷ついている人もいるのかもしれない。文字に残るこうした言葉は何度も何度も読み返し書き直しで少しは言葉を選ぶことができる半面、いつまでも形に残ってしまう。逆に口から出る言葉は形に残らないが考え、半分で口にだし気付いた時にはもう遅いということもある。形に残らないといえ、しこりが残る事は十分にあるとも思う。なので難しい。
言葉そのもののほか、そこに込められた気持ちも大きく作用する。「ごめん」という言葉は文字にすれば一通りであるが、口に出せば受ける側には数通りの受け方があると思う。声の大きさ、高さ、そぶり、視線…こういったこと少し大きい文字も左右するだろう。いつでもどこでも人とのかかわりなしで過ごしていくことはまず稀である。ここは特に対人間の職場である。言葉のもつ意味を日々考え直す時間を少しずつ増やしてみたいと感じている。
スポンサーサイト
Category: 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。