FC2ブログ

「好き嫌い その2」

生き物の好き嫌いの話。嫌いなのはいもむし、しゃくとり虫、トカゲやカエル、それから蛇、ぬめっとしたようなやわらかい生き物たちは基本苦手だ。あとはカマキリ、ハチ、ムカデといった痛いことになるかもしれない虫たち。春暖かくなりこんな私の苦手とするものたちがどんどん地上に姿をみせはじめた(らしい)。
まずこんな生き物たちの大半が鳴かない、足音をたてない。だから見えない私が避けて通ることや早めに逃げることが難しい。つまりそれは気付いた時には体のどこかに触れているということもあるのだ。あ~想像しただけで背筋に冷たいものを感じる。気付かないなら気付かないままにが幸せ。知らぬが仏。だがそういう時に限ってまわりから教えられたりする。あ~触れる前に教えて!と嘆く。一人の場合は気付くと私ってバカって思う。怖いもの見たさ。見えるわけじゃないから触りなおして確認しようとする。嫌なくせに、嫌いなくせに、怖いくせに…なのだ。特にムカデなんかはガサゴソガサゴソっていう音で気づき、さわってその行方を確認しようとしてしまうのだ。あ~我ながら…。
スポンサーサイト



Category: 未分類