FC2ブログ

東寿園の特養建て替えプロジェクト~施工業者の選定作業⑧~

 さて,ここまで費やした時間は約1年半以上,構想コンセプト作りから基本設計までかなりの時間を費やしました。いい加減建設に入らないといけません。実は当初の予定では平成26年4月移転開所をめざしていました。ところが設計にも時間がかかりました。なにしろワーキングで議論を重ねるわけですから・・・実際私たちには「時間」があったわけですが・・・それでも限度があります。ということでどうもこのままでいくと時間が不足するということになりました。そこでどうしようかと協議した結果,思い切って3ヶ月開所を遅らすプランに変更してみました。つまり平成26年7月開所です。建設の時間等考えると仕方がなさそうです。
またもう一つ大きく気になることはやはり好き放題なプランに設計士の提案も加わってきたので当然ながらプランが膨らんでいます。はたして予算通りに建設できるのかというのが最大の疑問となりました。また昨今は呉市役所の入札やすぐ目の前の「神石高原中学校」建設工事においても第1回の入札が不調に終わるなど,景気の良い話が聞かれません。ましてやこの20年で建設業者は激減しました。ですから規模も縮減し人夫が足りないと聞きます。そんなところへ来て東日本大震災の復興事業で多くの人が東日本へ行っていると聞いています。果たして施工業者がいるのかという疑心暗鬼になってしまいます。
協議の結果,数社指名しました。そして各社に設計内容の説明をして見積もってもらうことになりました。本来はこれでほぼ決まるわけですが・・・そう簡単にはいきません。その見積もりの結果は予定額から考えると遠く離れています。‘やはり~’という絶望感が生まれます。しかしながら設計士は予想通りのようで,そこから減額内容を提案し直して,また新たな提案も受け入れて再見積もりして約2ヶ月かかりながら希望金額に近づきました。その上でさらに調整を加え,施工業者が戸田建設株式会社広島支店に決定しました。
これまでお付き合いのない建設会社ですが,世間ではご存じの大手であります。どうぞ無事工事が進み素晴らしい施設が完成するようにお願いします。
スポンサーサイト



Category: 未分類