FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東寿園の特養建て替えプロジェクト~国際福祉機器展見学 その1 ⑩~

 東京で開催された「国際福祉機器展」の視察に行った。主な目的は建替施設の備品選定と最新情報の入手でした。なにしろ東京ビッグサイトですから国際展示場は大変広く適当に見て回っていてはとても回りきれません。そこである程度項目を絞っての見学でした。大きなテーマは「浴槽」「トイレ」,さらには「感染対策」「家具」等でした。報道もされていることから多くの部ブースと人です。「第40回」と銘打たれているので歴史もあるようです。
第1の目的の浴槽ですが,様々ながら大きく取り回しの良い機械浴と気の利いた個浴に近い物に集約されています。取り回しがよいとは今の施設が狭く一般家庭に近い形が増えているだけに小さく水量を控えめの物です。しかしながら同じタイプが並んでいても細かく見ていくと違うんですね。長所短所があります。また今後改良が進むタイプとして住宅使用のユニットバスがありました。これが結構機能的で手すりと浴槽の位置が動くシンプルな物です。残念ながら浴槽のみでは意味がありません。小さな機械浴程度の値段で一式購入できるようです。良さは壊れないことと思います。
 学んだことはやはりわかっているつもりでしたが自分の目で確かめることです。通常業者さんの紹介により機器等を購入していますが,やはり斡旋業者さんも人であり自分の感性で今後を予想して紹介されます。別にそれが悪いわけでありませんが,私たち購入する側も対等に協議できるくらいの目が必要です。
 またこれだけ多様ですと,今後も改良は進みます。つまり途上にしかないということです。出来れば10年20年と先に進化が期待できるタイプが良いようです。
 依然として大がかりな機械浴を展示してコンパニオンを並べて販売促進しているブースもあります。でも依然使用していた高価な大きな装置には人は群がっていないように見えました。
スポンサーサイト
Category: 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。